赤ちゃんが生後5カ月から6ヶ月になると、いよいよ離乳食が始まります。

はじめのうちは1日1食からですが、進めていくうちにすぐに2回食、3回食と、食べる回数が増え、離乳食を準備するお母さんお父さんも大変です。

そこで、離乳食作りに便利な食品をまとめました。

豆腐

大人の献立にも常備しておくと便利な豆腐は、赤ちゃんの離乳食にもとても便利な食材です。
離乳食の進め方として、お粥、野菜、たんぱく質とステップアップしていきますが、たんぱく質デビューにピッタリなのが豆腐です。
初めのうちは、絹ごし豆腐を湯通しするか電子レンジで加熱して、裏ごしやすりつぶすなどしてトロトロの状態から始めましょう。
豆腐だけでも甘みがあって食べやすいのですが、だしでのばすとうまみも増してさらに食べやすくなります。

離乳食中期の豆腐を使ったメニューでは、白和えがおすすめです。

ほうれん草などの野菜をゆでて刻み、なめらかにすりつぶした豆腐と和えれば、野菜が苦手な赤ちゃんにも食べやすいメニューになります。

離乳食後期になると、形がある物を食べることができる赤ちゃんも増えてくるので、豆腐に野菜などを混ぜてつなぎに片栗粉を入れた豆腐ハンバーグがおすすめです。

また、木綿豆腐も食べられるようになるので、忙しいときは野菜が多めのベビーフードに豆腐を加えて手早く1品作るのもオススメです。

きなこ

きなこは大豆の甘みを感じられ、好きな赤ちゃんも多いようです。
そのままだとむせやすいので、お粥やなどに良く混ぜ合わせて湿らせてから与えましょう。

離乳食初期の頃は、お粥に混ぜてきなこ粥にするのがおすすめです。お粥が苦手な赤ちゃんでも、きなこの甘みが加わると食べやすくなります。
離乳食中期頃には、きなこバナナがオススメです。バナナを食べやすい状態につぶし、きなこを良く混ぜるだけで完成します。
たんぱく質が少し足りないかなというときに便利なメニューです。大人のおやつにも良いですよ。


離乳食後期には、きなこおにぎりがオススメです。軟飯を赤ちゃんが食べやすい一口大の大きさに丸め、きなこをまぶします。
ラップをかけて少しおくと、きなこが湿って食べやすくなります。他にも、ゆでたマカロニやうどんにもきなこは良く合います。

ツナ缶

離乳食に使うツナ缶は、ノンオイル・食塩不使用のものを選びましょう。油漬けのものでも、熱湯で油抜きすれば使えます。
食べられるのは離乳食中期ごろからですが、缶詰は常備しておくことができるのでとても便利です。

離乳食中期には、ツナ入りパン粥がオススメです。ツナとパンは大人でも好きな人が多い組み合わせです。ツナは細かくほぐしてから使いましょう。
離乳食後期には、ツナ入りポテトサラダがオススメです。マヨネーズはまだ使えないので、ゆでてつぶしたじゃがいもにツナやニンジンを混ぜるだけですが、ツナのうまみが食欲をそそります。

まとめ

毎日の離乳食作りは大変ですが、いくつかの食材を用意しておけば、忙しい日でも安心です。

関連するまとめ

【人気のフィリピン英語語学留学】経験者がフィリピン留学をおすすめする理由。

新年度は、なにかと新しいことを始めたくなる時期。英語の語学習得を考えている方もいらっしゃるのではないでしょう…

あり

赤ちゃんと初めての新幹線。乗り方は?指定席はとるべき?

生後まもない赤ちゃんとのおでかけは、近場であっても何かと気を使うもの。それが、遠距離のおでかけとなれば尚更で…

ペニー

ママ友の比じゃない!? “パパ友”たちのドロドロ劇。飲み会やFacebookがストレ…

学歴&仕事のマウンティング、意識高い系イクメン、苦痛な飲み会 etc. 子供コミュニティでストレスを感じるパ…

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング