赤ちゃんが生後5カ月から6ヶ月になると、いよいよ離乳食が始まります。

はじめのうちは1日1食からですが、進めていくうちにすぐに2回食、3回食と、食べる回数が増え、離乳食を準備するお母さんお父さんも大変です。

そこで、離乳食作りに便利な食品をまとめました。

豆腐

大人の献立にも常備しておくと便利な豆腐は、赤ちゃんの離乳食にもとても便利な食材です。
離乳食の進め方として、お粥、野菜、たんぱく質とステップアップしていきますが、たんぱく質デビューにピッタリなのが豆腐です。
初めのうちは、絹ごし豆腐を湯通しするか電子レンジで加熱して、裏ごしやすりつぶすなどしてトロトロの状態から始めましょう。
豆腐だけでも甘みがあって食べやすいのですが、だしでのばすとうまみも増してさらに食べやすくなります。

離乳食中期の豆腐を使ったメニューでは、白和えがおすすめです。

ほうれん草などの野菜をゆでて刻み、なめらかにすりつぶした豆腐と和えれば、野菜が苦手な赤ちゃんにも食べやすいメニューになります。

離乳食後期になると、形がある物を食べることができる赤ちゃんも増えてくるので、豆腐に野菜などを混ぜてつなぎに片栗粉を入れた豆腐ハンバーグがおすすめです。

また、木綿豆腐も食べられるようになるので、忙しいときは野菜が多めのベビーフードに豆腐を加えて手早く1品作るのもオススメです。

きなこ

きなこは大豆の甘みを感じられ、好きな赤ちゃんも多いようです。
そのままだとむせやすいので、お粥やなどに良く混ぜ合わせて湿らせてから与えましょう。

離乳食初期の頃は、お粥に混ぜてきなこ粥にするのがおすすめです。お粥が苦手な赤ちゃんでも、きなこの甘みが加わると食べやすくなります。
離乳食中期頃には、きなこバナナがオススメです。バナナを食べやすい状態につぶし、きなこを良く混ぜるだけで完成します。
たんぱく質が少し足りないかなというときに便利なメニューです。大人のおやつにも良いですよ。


離乳食後期には、きなこおにぎりがオススメです。軟飯を赤ちゃんが食べやすい一口大の大きさに丸め、きなこをまぶします。
ラップをかけて少しおくと、きなこが湿って食べやすくなります。他にも、ゆでたマカロニやうどんにもきなこは良く合います。

ツナ缶

離乳食に使うツナ缶は、ノンオイル・食塩不使用のものを選びましょう。油漬けのものでも、熱湯で油抜きすれば使えます。
食べられるのは離乳食中期ごろからですが、缶詰は常備しておくことができるのでとても便利です。

離乳食中期には、ツナ入りパン粥がオススメです。ツナとパンは大人でも好きな人が多い組み合わせです。ツナは細かくほぐしてから使いましょう。
離乳食後期には、ツナ入りポテトサラダがオススメです。マヨネーズはまだ使えないので、ゆでてつぶしたじゃがいもにツナやニンジンを混ぜるだけですが、ツナのうまみが食欲をそそります。

まとめ

毎日の離乳食作りは大変ですが、いくつかの食材を用意しておけば、忙しい日でも安心です。

関連するまとめ

通関士試験合格への道

この通関士試験に合格して、無事に就職や転職できた自分の姿を思い浮かべてください。 試験まで夢と希望を忘れずに…

flower

6歳未満のこどもには必須!?チャイルドシートを選ぶときに気をつけたいこと!

子どもが生まれたら必須になるのがチャイルドシートですよね! その選び方について考えてみました。

暮らし生活の知恵

漢字が苦手な小学生が楽しく覚えられる方法【親御さん必見】

小学生になれば漢字の学習が始まります。一年生は比較的簡単な漢字ばかりで習う数も少ないので、漢字のテストでは1…

ペニー

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング