【圧力調整装置と安全装置の働き】

内部の蒸気を閉じ込めることにより、圧力が高まりますが、
そのままにしておくと、圧力が高まり続けるので注意が必要です。

一定の圧力に達したら、圧力調整装置が働いて内部の上記を外へ少しずつ逃がします。

そして表示ピンが上がった段階で、弱火にすることで、
圧力を一定に保ちながら、加圧して調理をします。

また、圧力調整装置が目詰まりをした場合は、安全装置が働き、
蒸気を一気に逃がすようになっている為、安心です。

【圧力鍋の調理のしくみ】

1.蓋をしめて火にかけます。

圧力と温度が上がるので、強火にします。


2.圧力がかかったら、加圧の時間です。

ここから、弱火にします。


3.火を止めます。

圧力と温度が下がります。自然放置。


4.圧力が下がり、蒸気が完全に抜けたのを確認してから、蓋を開けましょう。

【密閉することの利点】

普通の鍋は、いくら加熱しても水の温度は100℃以上にはなりません。

その点、圧力鍋は、本体と蓋を密閉させて火にかけると、

内部に蒸気を閉じ込めるので、圧力が高くかかり、水の沸騰点が100℃以上の高温になるしくみです。

高圧、高温調理によって、火の通りが早くなるので、調理時間が早く、燃費の節約にもなります。

【まとめ】

圧力鍋で、調理時間が短縮でき、密閉することで、素材の栄養も壊れにくいのです。

かたまり肉でも、圧力鍋があれば便利です。

圧力鍋は、安全装置がついているので、正しく使えば、大変便利な調理器具です。

関連するまとめ

ダイエット時の食生活と代謝

エネルギー代謝と食生活について知ることが、ダイエットの第一歩ですね。

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件(しんじゅくかぶきちょうラブホテルれんぞくさつじんじけん)は、1981年(…

犬にも高齢化の波が。介護リスクには注意が必要

老化は基本的な部分では動物も人とほとんど同じです。歳をとるにつれて病気に対する抵抗力が落ちてウイルスや細菌に…

flower

関連するキーワード

なおさん

空いてる時間で沢山のまとめ記事を書いていくので、宜しくお願いします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング