夏に日差しが眩しくなりました!
つば広の帽子が切実に欲しくなる季節です。
 大手通販サイトを検索すると、それはもう沢山のつば広ハットがいくつも見つかりました。
全部似ていてどれを選んだ方が良いのかちょっと迷います。 
その中から夏のレディスコーデに欠かせない、天然素材のつば広ハット3選をご紹介いたします。

1.パナマ帽(ボルサリーノタイプ)

夏コーデに欠かせないつば広ハットは、天然繊維の白っぽい素材、広いブリムに黒いリボン、中折れと、皆似たような形です。
似ているけれども、どれもが今欲しいと思う物ばかりです。
似ているという事は、何か典型的なモデルがあるのでしょうか。
調べてみると、ボルサリーノ(Borsalino)というイタリアの有名なパナマ帽がモデルとなっていることが分かりました。
ボルサリーノ(Borsalino)のパナマ帽は最高級品、エクアドル産のヤシ科の植物の繊維を原材料にしています。
このパナマ帽の代名詞となる典型的な形をモデルとした、ラフィア(マダガスカル産ラフィアヤシ)やストロー(麦)、ペーパー(人工繊維)のハットがお手頃価格で沢山見つかります。
黒いリボンが多いのは、その色が正式だからです。

 パナマ帽はフレアロングスカートのフェミニンなコーデにも、ストリートなブルーデニムやワイドパンンツのコーデにも合うため、一つ持っているととても便利です。
被るだけでリゾート感が増し、お洒落度が上がるアイテムです。

2.カンカン帽 (ボーダー(英)・キャノチエ(仏))

カンカン帽は、麦わら帽子の一種、旧海軍の水兵や船のこぎ手の男性用の帽子が起源です。
日本では大正~昭和初期の成人男性の夏の正装に欠かせない帽子でした。
水で腐食しないよう硬く成形し、ニスや糊を塗られた耐久性あるつくりから、叩くとカンカン音がするため日本独自の名称がつきました。
最近になって、女性のワンピースとのコーディネートが流行し、その後はジェンダーレスなファッションとして抵抗なく受け入れられています。
パナマ帽に比べるとややマニッシュでキリッとした印象のカンカン帽の形は、そのクラシカルな雰囲気から、パナマ帽とはまた少し違ったニュアンスのコーデができます。
ワンピースやフレアなワイドパンツなど、フェミニンなコーデが上品に決まります。

3.ラフィアのクロシェハット

ラフィア(マダガスカル産ラフィアヤシ)ハットで近年有名なのが、ヘレンカミンスキー(Helen Kaminski)という、オーストリアのブランドです。
帽子を探していてコレ良いな!という物はたいていヘレンカミンスキーのものであることが多いです。
縁にワイヤーが入っており、アレンジしやすいのも特徴です。
優しく女性らしく、なおかつトレンドも兼ね備えています。
ブランド品でなくても、かわいい大きなリボンデザインや畳んで持ち歩ける機能タイプと、いろいろな選択肢があるうえ、マニッシュでモード感の強いパナマ帽やカンカン帽に抵抗があるコンサバフェミニンコーデ派な人にも、クロシェハットなら安心です。

〖まとめ〗

サマーシーズンならではの天然素材のハット、どれも素敵です。

多くの夏コーデを目にしていると、天然素材のつば広ハットを被っていない姿を目にすると、何か物足りなくお洒落に欠けている気すらしてきます。

高価なブランド物でなくても、可愛くお洒落でお手頃価格の物はたくさん見つかりますので、ぜひ実用的なハットとして気負わずに被ってみることをお勧めいたします。

もう持ってるよ!という人には、ブランドの逸品がお勧めです。

関連するまとめ

ワンピースで押さえておきたい柄はこの三つ

女性の為のお洒落なワンピースをご紹介します。

グレーワイドパンツを使った素敵なコーディネート

グレーワイドパンツは秋も意識しつつ大人っぽくなって素敵ですね。そんなグレーワイドパンツを使ったコーディネート…

taro

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング