凄まじい~カリスマっぷり

生グソはスイーツ店「光栄堂」(秋田県秋田市南通みその町6-21)で夏だけ販売されている、秋田でもっとも有名なスイーツのひとつで、秋田市の中高生やOLの憩いの場となっており、なかでも女子高生から強く支持されており、「秋田市の女子高生で生グソを食べたことがいない女子はいない」と言われているほどのカリスマっぷり。

多くの生グソニストが集まる!?

2017年は5月下旬から生グソの提供が開始され、生グソを求めて多くの生グソニストたちがお店に駆けつけている。日中は行列ができるほどの大繁盛。

そんな行列を避けるべく、開店時間の10:00を狙って行くと空いていて快適にな生グソを堪能できる。

女子高生たちは略して生グソと呼ぶw

そもそも生グソとは何か? 生のグレープフルーツの果実をざっくりと切り、皿の底に盛り付け、特殊なシロップで甘さを強調。

そこに純白のカキ氷をたっぷりと盛り、さらにソフトクリームをのせる。それが生グソだ。正式名称は「生グレープフルーツソフトクリーム」だが、女子高生たちは略して生グソと呼んでいる。

ピュアな感覚が研ぎ澄まされる!

その味、シンプルながら激しく美味しい。ソフトクリームは密度が高くねっとりとしており、ミルクとクリームの甘さが極めて濃厚。かき氷は純粋な氷で味付けがなく、序盤はソフトクリームの甘さでカキ氷を楽しむ。

単なる氷だと思うことなかれ。単なるじゃない「単なる氷」だからこそうまいのだ。ソフトクリームの甘さを引き立てつつも、氷の「冷たさ」しかないピュアな感覚が研ぎ澄まされ、旨味に昇華する。

際立つ「納涼」を楽しませてくれるのです

そして誰もが衝撃を受けるのが、皿の底に沈んでいる生グレープフルーツ。溶けた氷が生グレープフルーツの爽やかな酸味を引き立て、ほど良い甘さとともに夏だからこそ際立つ「納涼」を楽しませてくれる。

いやはや、こんなにも美味しいカキ氷が秋田に存在したとは……。誰もが、そう感動するのだった。ちなみに、氷少なめの「半生グソ」もある。

最強の秋田名物「生グソ」か美味しすぎる件 / 光栄堂の生グソは神スイーツ - YouTube

出典:YouTube

広栄堂
住所: 秋田県秋田市南通みその町6-21
時間: 10:00~18:00(夏期のみ営業)
休日: 荒天

関連するまとめ

【自然の恵み】春の代表的な山菜を3種類ご紹介します。

春になると楽しみなのが、野山に出てくる山菜です。山菜の持つアクの強さと味の濃さは、普段の野菜とは違い自然の力…

冒険王

実は日本人の口にとっても合うトルティーヤ

トルティーヤというと、スパイシーな味付けのものを想像する方もいるかもしれませんが、具材をアレンジすれば日本人…

flower

私がオススメする、福島県のお土産品ご紹介!

私が、貰ったお土産品の中で、福島県のお土産品をご紹介したいと思います。 その紹介記事をまとめてみました。

旅人

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング