伊達巻の日

5月24日「伊達巻の日」は厚焼き卵などの寿司具を製造する千日総本社が制定しました。

伊達巻の名前の由来という説のある伊達政宗の忌日です。

伊達巻とは?

伊達巻(だてまき)は、卵料理のひとつです。

伊達巻き卵やカステラ蒲鉾とも呼ばれることがあります。

伊達巻は、白身魚やエビの擂り身に溶き卵と出汁を加えてよくすり混ぜ、みりんや砂糖で調味して焼き上げる。熱いうちに巻き簾(まきす)で巻いて形を整える。家庭で作る場合はすり身の代わりに、入手が容易く同じ原材料を用いた魚肉練り製品のはんぺんを代用とすることがあり、日本の正月の御節料理には欠かせない一品である。なお、銚子などの地方ではこれで酢飯や具を巻いた伊達巻寿司が供されている。

伊達巻の由来

伊達政宗の好物だったことから伊達巻と呼ばれるようになったという説

普通の卵焼きよりも味も見栄えも豪華なために、洒落て凝っている装いを意味する「伊達もの」から伊達巻と呼ぶようになったという説

女性用の和服に使われる伊達巻きに似ていることからこう呼ぶようになったという説

など諸説あります。

伊達政宗について

伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。

伊達氏第16代当主・伊達輝宗と正室最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の間に生まれた嫡男。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。

伊達政宗は、料理が趣味であったといわれています。

「仙台みそ」や「凍み豆腐」、「ずんだもち」なども伊達政宗が開発した料理であるといわれています。

関連するまとめ

美肌を作るためのレシピ 乳酸キャベツでおしゃれなランチを楽しもう

美肌に最適といわれる乳酸菌。毎日食べてお腹の中から綺麗になりたいですよね。気軽にとれて食物たっぷりの乳酸菌で…

茶々子

これができればイイ女!彼の心をつかんで離さないお弁当って?

好きな人に作るお弁当で愛情を伝えるために、彼の心をつかんで離さない見た目と味つけのポイントをまとめました。

あり

お酒に合わせて変えたい、おつまみのレシピ三選

お酒の種類が変われば、合うおつまみも変わるものです。そこで、簡単にできるおつまみのレシピをご紹介します。

リカ

イベント日和

イベント・行事に関する知恵・知識をまとめていきます!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング