ムーミンの世界

実は荒れ果てていたムーミンの世界

実は荒れ果てていたムーミンの世界

有名な都市伝説としてムーミンの世界は核戦争の後の世界だということ。

ムーミンの正体が実は放射能で突然変異でカバが知能を持ってしまったという話、また核の被害を受けた人間という説があります。

ムーミンの最終回

ムーミンが初めに出たのが1945年で、くしくも終戦の年で広島と長崎に原爆が落ちた年。

ムーミンの最終回ではムーミンたちが冬眠するというラスト。
これは「核の冬」を意味してるのじゃないかと推測されています。

核の冬というのは環境変異でおこるといわれてる大氷河期の始まりではないかということ。

核兵器の影響で灰や煙が待機中に撒き散らされて日光が遮断され太陽の光が地上に届かなくなり気温が低下するということ。

ムーミンの住む世界がいつも薄暗いのはこのせいかもしれませんね。

ミー

実はミーは放射能を浴びてしまい成長が止まってしまったとか両親を目の前で亡くしてしまったショックから成長がとまってしまったと言われる都市伝説です。

スナフキン

スナフキンは実は退役軍人だという説。
なぜ旅をしてるかというと昔の軍人仲間をさがしてるらしいということです。

原作

原作者 トーベ・ヤンソン

原作者 トーベ・ヤンソン

1914年: フィンランドのヘルシンキに生まれる。
1930年 - 1933年: ストックホルム芸術学校に在籍。
1933年 - 1937年: フィンランド芸術アカデミー美術学校に在籍。なお『ガルム』誌には 1930年代から1953年まで掲載。
1945年: 『小さなトロールと大きな洪水』を発表。ムーミンシリーズ最初の作品。
1952年: 『ムーミン谷の彗星』『楽しいムーミン一家』の2作品が英訳される。
1954年: 英イブニング・ニュース紙でムーミンコミックスの連載開始。トーベ・ヤンソンは 1959年まで描き、スウェーデン語で書いた台詞を末弟のラルスが英訳、数作の物語案もラルスが出す。母親のシグネの「コミックスは、ラルスが書く様に」との言葉を受けて以降、ラルスが制作を引き継ぎ 1975年まで連載していた。
1965年: トーベ・ヤンソン作詞エルナ・タウロ作曲の "Höstvisa" (フィンランド語 "Syyslaulu" 、英語 "Autumn Song") がフィンランド国営放送音楽賞で3位を受賞[2][3]。
1966年: 国際アンデルセン賞を受賞。
1970年: 『ムーミン谷の十一月』を発表。小説としてのムーミンシリーズはここで終了し、このころから別の小説の執筆を始める。
1971年: フジテレビ放送のアニメーション放映の関係で来日。
1984年: フィンランド国民文学賞を受賞。
1990年: テレビ東京放送のアニメーションを監修するため来日。
2001年: ヘルシンキにて逝去。86歳没。

関連するまとめ

〖凄技!〗ルービックキューブ攻略法!

今回は一度は皆さんも遊んで悩んだあのルービックキューブの6面攻略法を教えちゃいます。

山Pも「ほのか砲」の餌食に!?“川谷絵音の彼女”のゲス暴露に芸能人が戦々恐々

芸能ニュース! 活動休止中のロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音と交際中のタレント・ほのかり…

おうちでメイソンジャーパーティをしよう!〜いつもと違う日常を送りたいあなたへ〜

いつもと違うホームパーティをしたい! でもお金があまりかからないのがいい! そんなあなたにおすすめなのが「メ…

女性の味方

関連するキーワード

h_t

まとめライター始めました!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング