①お中元の時期を確認してから贈る。

①お中元の時期を確認してから贈る。

まず、お中元を贈る上で注意したいのが、地域によって贈る時期が異なるということです。
例えば、北海道は、7月中旬~8月15日までに。東北・関東では7月初旬~7月15日までに贈るようにしましょう。東海・関西・中国・四国は7月中旬~8月15日までと比較的長い期間となっています。九州は8月1日~8月15日まで。北陸では、地域によって7月と8月に分かれるので、事前に確認しておくことをおすすめします。沖縄は旧暦の7月15日までに贈るのが主流です。その年の旧暦7月15日を確認してから、贈ってくださいね。
いくらお中元は気持ちを贈るものといっても、早すぎたり遅すぎたりすると失礼になってしまいます。できるだけその地域のお中元の時期を守るようにしましょう。

②贈る時は品物と共に1筆したためる。

②贈る時は品物と共に1筆したためる。

ひと昔前まで、お中元の季節には、日頃の感謝の気持ちを贈り物に託して、お世話になっている方のお宅まで自分で届けに行ったものです。しかし、近年ではそのような人は少なくなり、今は宅配業者にまかせる人がほとんどとなりました。お中元を送る時は受け取る相手の都合も考えて、品物を送る何日か前に、いつ何を送るのか、手紙かはがきで知らせるのがマナーです。挨拶とともに近況報告も書き添えると、相手は形式的な挨拶以上のものを感じ、喜ばれます。この時にボールペンは事務用品なので、できれば万年筆を使うことをおすすめします。万年筆を使うことで、文字に味が出るだけでなく、相手を敬う気持ちを表現することができるのです。ぜひ、自分のためにお気に入りの1本を用意しておきましょう。

③お中元やお歳暮の贈答品リストをつける。

③お中元やお歳暮の贈答品リストをつける。

お中元やお歳暮を贈る際に、年に2回も同じものを贈ってしまったり、去年は贈ったのに今年は贈りそこなったり・・・などといった失敗をしてしまった経験はありませんか?どんなに気を付けていても、いつ誰に何を贈ったかすべてを記憶しておくことは難しいですよね。そこでおすすめなのが、贈答品リストをつけることです。贈ったものをその都度ファイルして残しておけば「去年は桃を贈ったから、今年はリンゴを・・・」と同じものを贈る失敗もなくなりますし、贈りたい人、贈るべき人にもれなく感謝の気持ちを届けることができます。また、ついでに相手の反応も書き留めておけば、どのようなものが喜ばれるか分かるので、次に贈り物を選ぶ時に参考になりますよ。

〇まとめ

いかがでしょうか。お中元やお歳暮は、普段お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。職場の上司や恩師、親戚や友達など、身近な人に「ありがとう」の気持ちを込めてお中元を贈ってみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

お米を食べることで良質な睡眠を手に入れられる!

日本人の主食と言えば「お米」ですよね。しかし最近では、一般家庭のパンの消費量がお米を上回ったというデータが発…

なおさん

借金の消滅時効について

時効の援用を行い、成立すれば確かに借金は返さずに済みます。しかし、返す前提で借りたものを返さないとなると、債…

flower

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング