ボクシングの日

2010年(平成22年)に日本プロボクシング協会が制定しました。

1952年(昭和27年)のこの日、世界フライ級タイトルマッチで挑戦者・白井義男(1923~2003年)がチャンピオンのダド・マリノ(アメリカ、1915~1989年)に15回判定勝ちし、日本初のボクシングのチャンピオンになりました。

以後、4度の防衛を果たし、敗戦ですっかり自信をなくした日本人にとって、白井の王者獲得とその後の防衛での活躍は”希望の光”でありました。

1954年(昭和29年)11月26日、パスカル・ペレス(アルゼンチン、1926~1977年)に15回判定負けし、白井は王座から陥落しました。

1955年(昭和30年)5月30日、世界王座再挑戦で、ペレスとのリターンマッチが開催されました。

5回KOで敗れ、白井は現役引退となったが、この試合のテレビ中継は最高視聴率96.1%を記録し、テレビ放送視聴率の中で最高となっています。

この日には毎年「ファン感謝イベント」が開催され、「ボクシングの日」の第1回イベントでは後楽園ホールに現役を含めた歴代世界王者38人が集まり、プロボクシング・世界チャンピオン会の発足式が行われます。

白井義男さんについて

白井 義男(しらい よしお、1923年11月23日 - 2003年12月26日)は、日本の元プロボクサー。東京市(現東京都)荒川区出身。元世界フライ級王者である。日本人として初めての世界王者となり、平成世代の現在とは違い、当時は世界王座までの距離が比べ物にならないほど遠かった時代のチャンピオンとしても高い評価を得ている。右のアウトボクサー。

関連するまとめ

東京五輪での金メダルが見えてきた? 卓球日本女子

中国トップ3選手に勝った平野美宇の大活躍で盛り上がる卓球日本女子。活躍が期待される3選手についてまとめました…

マトリックス

復活を期待して!高校野球レジェンドチーム!~東北編~

過去に甲子園で暴れて印象を強く残したチームはいっぱいいます。 そこで今回は高校野球ファンの記憶に鮮明に残って…

rrra

異例の開催 高校野球春季東京大会決勝・早実vs.日大三

当初の予定を変更して神宮球場でのナイトゲームで行われた早実vs.日大三の春季東京大会決勝についてまとめました…

あり

イベント日和

イベント・行事に関する知恵・知識をまとめていきます!
よろしくお願いします!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング