皆さん、お笑い芸人ってめちゃくちゃ話術が高いと思いませんか?

テレビで見ているだけだと、あまりそう感じない方もいらっしゃると思いますが、実際自分が同じ話題で同じように喋ることができるかどうかとなると、おそらく難しいと思います。

それだけお笑い芸人って話術をしっかり体得しているんです。

それで、今回はそんなお笑い芸人の話術を、モテるための話術として活かすことができないかまとめました。

その1:相手の話を引き出す

話術が上手なお笑い芸人は相手が言ったことに対し、
「それってどういうこと?」「え?なにそれ?どういうこと?」といったように、
どんどん相手に喋らすように誘導するのが上手な印象を受けます。

番組なんかを見ていても、話術の上手いお笑い芸人というのは、どちらかというと自分でワーッというより、ゲストが上手く喋りやすいように、話を引き出させるような返し方をされていると思います。

モテない男性に多いのが、あまり話題をもっていないのに無理に話題を出そうと考え、結果的に失敗してしまうというケースが多いです。

そういう時は、逆に相手に喋らせることを意識しましょう。

特に女性は自分の話を相手に聞いてほしいという欲求が強いため、むしろ話を聞いてあげるほうが好印象を持たれやすいです。

その2:上手な相槌を打つ

お笑い芸人は相槌の打ち方が上手です。
逆に相手の話を聞く際に、相槌を打たずボーっと聞く方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これでは相手は本当に話を聞いているのか不安になってきます。

適度に「うんうん」だとか「なるほどねー」といった相槌を打ちましょう。

また何かしらリアクションをとる場合でも、腕を組んでウンウン頷くとか、驚きのリアクションで「それ知ってる」といったように、お笑い芸人のように動作を入れてみるといいです。

話をよく聞いてくれる人と思われることは、信頼され、好意すら持たれやすくなりますよ。

その3:笑い方を意識する

明石家さんまの特徴の一つに引き笑いがあると思います。
あの引き笑い、実は話術のテクニックとして活かすこともできます。

相手へのリアクションを返す際に、出来るだけ笑い声をあげることで、安心感や幸福感を与えやすいからです。
明石家さんまも、普段多くの芸人やタレントとトークをする際に、引き笑いを多用しているイメージがありますが、単純にキャラや個性という理由以外にも、相手のことも配慮した反応でもあるんです。

何も必ず引き笑いをしろといいませんが、実際にやってみると、これがなかなか効果大きいんですよね。

ぜひ一度チャレンジしてみてください。

その4:わざと知らないフリをする

知ってる知識であっても、わざと知らないフリをし、「それってどういうことですの?」と返してみるのもいいですね。

これは「その1」でも紹介した、相手の話を引き出す話術にも繋がります。
相手が調子よく喋ることができる話題というのは、当然好きな話題や趣味に関すること。

そういった話題に対し、「あ、それ僕知ってますよ」と言うと、人によっては「あ、なんだ……」と感じる方もいます。

話し上手ならその話題で一緒にワーッと盛り上がることもできますが、初対面とかトークが苦手な人は、なるべく相手に喋らせることが一番「ラク」でもあります。

お笑い芸人も、自分のトークを披露する場合以外は、基本的に相手に喋らせることを意識していると言います。

喋らせるための誘導方法がめちゃくちゃ上手いです。

そのやり方の一つに、こうしたわざと知らないフリをするという方法もありますので、ぜひとも覚えておくといいと思います。

関連するまとめ

やっぱり大和撫子がモテる!男性を立てる女性の振る舞いとは?

日本古来のモテ女の特徴、大和撫子。そんな男性を立てる大和撫子テクニックについてまとめました。

ペニー

【浮気撲滅】彼氏の浮気防止テクニック!【浮気防止】

男は本能で浮気するなんて言われてますがそんなのは嫌にきまってます!大好きな彼氏が浮気をする前に色々な浮気防止…

h_t

デートで一番緊張するのって食事だったりするものです

彼との楽しいデートにも一つだけ不安があるとしたら、それは食事ではないでしょうか。食べ方が難しいものを頼んでし…

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング