お腹いっぱいなのに、つい毎日の食事やお菓子を食べすぎてしまう・・・そんな経験はありませんか?

食べすぎは、普段の生活習慣を少し変えるだけで、簡単に防ぐことができます。

どれも簡単ですぐにできることばかりなので、是非試してみてくださいね!

①食事中はテレビをOFF!

テレビを見ながら、本を読みながらなどといった「ながら食い」は、ニセの食欲を作り出し、ついつい食べすぎてしまう傾向があります。

食べることに集中していないので、噛む回数が少なくなり、満腹感も得られにくくなります。

特にテレビを付けたまま食事をする習慣があるという人は要注意!!

テレビでは、美味しそうな料理やお菓子を紹介する番組やCMが、たくさん流れています。

それを見ることによって、お腹は減っていないのに「食べたい」と思うニセの食欲を作り出してしまうのです。

食事中はテレビを消して、代わりにラジオを付けたり好きな音楽を流したりしてみてはいかがでしょうか。

特にクラシック音楽は、気持ちを落ち着かせリラックスさせる効果があるので、早食いや食べすぎ防止に役立ちます。

②お菓子は見えるところに置かない!

食事を終えてお腹いっぱいのはずなのに、つい目についたスナック菓子を食べてしまった・・・こんな経験はありませんか?

テレビや雑誌で美味しそうな料理やスイーツを見た時、お腹は空いていなくても無性にそれが食べたくなるように、視覚は食欲に大きな影響を与えます。

間食をやめたいのなら、お菓子を見えるところに置かないのがベスト。

普段あまり開けない棚にしまったり、冷蔵庫の奥の方に入れたり、置き場所に工夫してみましょう。

また、袋に入ったスナック菓子は、つい一人で全部食べてしまい、カロリーオーバーになりがちです。

大袋のお菓子を食べる時は誰かとシェアしたり、食べる分だけ小皿に入れたりして、食べすぎないよう気をつけましょう。

③食事は小さな器に盛りつける!

食事をつい食べ過ぎてしまう・・・という人は、いつもの食事を小さめのお茶碗やお皿に盛りつけてみましょう。

同じ量でも、大きなお皿にドンと盛り付けるよりも、いくつかの小さなお皿に小分けして盛り付けた方が、量が多く感じ満腹感を得ることができるのです。

小さな器なら盛り付ける量も少なくてすみ、おかわりしない限り自然と食べる量も少なくなります。

お気に入りのかわいい小皿に盛り付ければ、見た目もオシャレで気分もアップ!

また、料理だけでなく、お酒も小さなグラスに入れていただくことをおすすめします。

アルコールも意外とカロリーが高いので、飲みすぎるとカロリーオーバーに。

ビールを飲むときは大ジョッキよりもビアグラス、日本酒や酎ハイなどもオシャレなシャンパングラスを使っていただくと、一口の量減るので飲みすぎを防ぐことができます。

アルコールは、シャンパングラスでオシャレに少量をたしなむ。

こんな淑女な飲み方も素敵です。

まとめ

いかがでしょうか。

無理な食事制限や運動をしなくても、ちょっとした生活習慣を変えるだけで食べすぎを防ぐことができ、自然とカロリーダウンすることができます。

お腹いっぱいなのに、つい食べ過ぎてしまうことが多い方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連するまとめ

〖酷すぎる!〗菅直人のツイッター炎上

Twitterっで誤字った菅直人の炎上ニュース! ご紹介します。

JAマイカーローンの審査基準

融資金利に注目する際は、借り手のライフプランや返済計画を基に、返済方法を見極め判断することがとても重要です。

flower

寝ているときに足がつってしまう原因のまとめ

最近、私自身が寝ているときによく足がつるのですが、その原因をまとめていきたいと思います。

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング