古来、日本で親しまれてきた「お守り」。

日本人であれば、1つはお持ちなのではないでしょうか。

交通安全や縁結び、受験や安産祈願のお守り……等々、神社に行けば最近のお守りの種類の豊富さに驚かれる方も多いはず。

でもそのお守りって期限があるのをご存知でしたか?

お守りの有効期限は1年!

だいたいの目安ですが基本は1年と言われています。

初詣で頂いたのであれば、翌年の初詣でお返ししましょう。

年の途中で頂いたのであれば、1年後の同時期になります。早めにお返ししても問題ありません。

効能が切れないうちに新しいお守りを頂くのが良いでしょう。

また、そのお守りの祈願が成就した場合や、その時期を過ぎた場合(祈願が成就していなくとも)、神社・仏閣にお返しします。

また、破損したりくたびれたりした場合も効能に期待できませんので、お返しした方がいいでしょう。

たまに、お守りを開けて中身を覗く方がいらっしゃいますが、おやめくださいね。

破損と同様に効能が弱くなってしまいますから、返納する羽目になります。

お守りとは神様、仏様の分身ですから、大事に扱いましょう。

※1年過ぎたからと言って、バチが当たる、不幸なことが起きるなんてことはありませんから、ご安心ください。

ちなみに、もうお気づきだとは思いますが、お守りにまつわる表現マナーとしてお守りを「買った」とは言いません。

「頂いた」「授かった」「お受けする」と言います。

また「処分する」ではなく「お返しする」「返納する」「お納めする」という言い方が正しいので注意しましょう。

どこにお返しするの?

基本的にはそのお守りを頂いた神社・仏閣が良いでしょう。

ただ、そこが遠方にある場合、地元の神社・仏閣で問題ありません。

ただし、あくまでも神社で頂いたお守りは神社へ、お寺で頂いたお守りはお寺へ、最低限ここだけはお間違いないよう注意してくださいね。

お寺の場合は宗派もありますから、頂いたお寺にお尋ねになるのが良いでしょう。

さて具体的な返納場所ですが、「お焚き上げ」「古神札納め所」と書かれた場所があれば、そちらに返納しましょう。

その際、お守りを頂いたときの金額と同程度の額のお賽銭を入れ、「1年間、ありがとうございました」と心を込めて手を合わせます。

もし、そういった場所がないのであれば、社務所やお寺であれば事務所を訪ねてみましょう。

遠方の神社・仏閣に返納する

地元に返納できる神社・仏閣がない方や、どうしても頂いた神社・仏閣にお返ししたいという義理堅い方に朗報です。

最近は郵便で返納することも可能ですよ。

その場合、お守りを封筒にいれ、お焚き上げ料も同封しましょう。金額は決まっていませんが、1,000円程度で良いでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか。

お守りの寿命って、案外短いものですね。

あなたのお宅には古くなったお守りはありませんか?

早めに返納して、新たなお守りで福を呼び込みましょう。

関連するまとめ

【4月1日】嘘をついてもいい日?エイプリルフールについての豆知識!【4月馬鹿】

エイプリルフールは嘘をついても良い日だといわれていますが、なぜそのようなイベントが起こったか分かりませんよね…

イベント日和

「節分」の由来を知って、豆まきをより楽しもう

節分の由来! 豆まきを楽しむ chieまとめ

1人暮らしでの緊急事態に備えて予め色々と準備をしておこう

あの大地震が起きた3.11からずいぶんと月日が流れました。当時とは違う環境に住んでいるかもしれない私たちが急…

なおさん

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング