歩き始めたら靴を選んであげましょう!

赤ちゃんが歩き始めると気になるのが、靴ですよね。

大人が靴を選ぶときは少しゆとりのあるものを選びますが、赤ちゃんの靴はなるべくぴったりにしてあげましょう。

土踏まずを形成する大切なポイントだそうです。

8cmから展開しているメーカーもあるので、お店の人に赤ちゃんの足のサイズを図ってもらい、ジャストサイズで購入しましょう!

ただ、赤ちゃんが走り始めたら、少しゆとりのあるものにしてあげましょうね。

目を離さないで!

歩き始めた赤ちゃんの好奇心はとどまることを知りません。

お母さんがほんの少し目を離したすきに、かなりの距離を移動していてびっくりすることもありますよね。

少しの間だから、そんな油断で赤ちゃんが危険にさらされるようなことがあってはいけません。

決して歩き始めた赤ちゃんからは目を、そして手を離さないようにしたいですね!

ころんだときに怪我をしないために

歩き始めの赤ちゃんは、まだ上手に歩けずよく転びます。

特にハイハイの期間が短かった赤ちゃんはころんだときにうまく手を出せないと言われているので要注意です。

また赤ちゃんがころんだときに机の角にぶつかって、なんてことがないように、

周辺の環境を整えて歩く練習をさせてあげてくださいね。

以上、赤ちゃんが歩き始めたら気をつけたい3つのポイントを紹介しました。安全に気をつけて、赤ちゃんの健全な発育を促してあげてくださいね!

関連するまとめ

ボランティアには意味がない!? 面接とボランティアの評価の関係性

就職活動や受験の面接でボランティアについて話すときにすべきこと、やってはいけないことについてお話します。

Y.Takuto

日本人最強武将、織田信長の3つの重要な戦い

織田信長は、戦国時代において天下を統一へ導いた3人の戦国大名のうちの1人です。今回は織田信長についての3つの…

筆人

日本は遅れている?サイズから見る、世界のおむつ離れ事情

春といえば入園・入学の季節。でも、お母様方は子どものおむつ離れに悩んでおられるかもしれませんね。 だけど、世…

峠の425

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング