夏みかんや甘夏など、多くのフレッシュな柑橘類が出回るこの季節は、スーパーなどでも安く手に入れることができるのでいっぱい食べたいところですが、実はもっと得する柑橘類の活用方法があります。そんな無駄のない活用法と保存法をご紹介します。

皮も無駄にしちゃダメ!

柑橘類の中で一番栄養があるのはどこの部分だと思いますか?実は、フレッシュでジューシーな実ではなく皮なのです。陳皮として漢方にも使用されている、みかんの皮を始めとして柑橘類の皮には多くの栄養と健康効果があり、捨てるのはとてももったいない部分なのです。

皮の保存方法とは?

皮をむき、苦みのある白い部分を取り除きます。
すりおろして、生のまま使うとその香りを最大限に活かすことができますよ。

すりおろした皮を冷凍庫で凍らせましょう。それ以外には自然乾燥、日光またはオーブン(低温で2〜3時間)で乾燥させたものを、コーヒーミルで粉にしてもOKです。

活用法いろいろ♪

・お菓子作りに

生地に粉末にしたものを混ぜるか、飾りとして使いましょう。

・料理に

ドレッシングやさまざまなソース、またはシーズニングオイル(香味油)に。

・スパイス

水気を切ったものや粉末状のものを、肉や魚・スープ・シチューの風味付けに使うと美味しいですよ!

・砂糖漬け

皮全体または小さく切ったものを、シロップを作る要領で砂糖といっしょに煮ます。それに砂糖をまぶし、乾かして完成です。

いかがでしたか?美味しくて、健康にも良い柑橘類の皮を活用してゆきましょう。

関連するまとめ

特別なものが無くても簡単に出来る中華まんの作り方

ちょっと小腹が空いた時やお子さんのおやつにおすすめの中華まんレシピをご紹介します。家にある材料だけで出来るの…

rrra

寝ても覚めてもうどん、うどんでつなげよう。

うどんについていろいろな視点からまとめてみました。 安い、早い、うまい、うどんは、庶民的な食べ物として、根強…

あり

博多駅前で博多ラーメンを食べるならココ!おすすめ3店

再開発で発展著しい博多駅周辺ですが、今回は博多駅で豚骨ラーメンの有名なお店を3つご紹介したいと思います。

rrra

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング