夏場に、ゲリラ豪雨に遭ったことがある人が多いのではないでしょうか?少し前まで晴れていても急変していきなりの雷雨が起こることが頻繁にあると思います。特に、都会では近年頻繁に発生しており、地下鉄のホームに水が流入するなどの被害が起こっています。少しでもゲリラ豪雨の予兆を発見したら、屋内に避難しましょう。

①積乱雲が見えたら注意!

垂直方向に発達し、その直下で雷と雨をもたらします。

②冷たい風が吹き始めたら注意!

さっきまで暑かったのに、いきなり冷たい風が吹き始めたら注意が必要です。蒸し暑い風から冷たい風に変化したということは、大気が大きく変化していることを示していますので、過ごしやすくなったからといって安心するとすぐにゲリラ豪雨は襲ってきます。

③雷の音が近づいてきたら注意!

これは最終判断だと思いますが、雷鳴が聞こえたらもうゲリラ豪雨はすぐそこです。注意する点として、オフィス街の雑踏の中では、ビルとビルの間であることも相まって上空の状況が分かりづらいので以外に気づきませんので注意が必要だと思います。

温暖化とヒートアイランド現象でゲリラ豪雨は増加することは間違いないので、少しでも上記の変化を感じたら、屋内に避難しましょう。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング