・要注意する必要がでてきた個人情報、情報漏洩

個人情報保護法が成立して以来、セキュリティに関する意識が個人も企業も大変強くなりました。
個人情報の漏洩により、企業は大きな損害を与えてしまう事件に発展するケースが多くなったからです。
その為、企業内でもメールやデータのやり取りなどについても、個人情報の取り扱いや企業データの情報漏洩について、この数年でより厳しく対応するようになりました。

・パスワードに関する注意

最も身近なところでいえばパスワードです。パソコンにログインするときのパスワード、添付資料を開くときのパスワード、業務に必要なサービスやアプリケーションを利用する際に入力するパスワードなど、あらゆる場面でパスワードを入力しなければ何もできないと思います。
しかしそれぞれのパスワードは別のものを設定しておきましょう。もし悪者が1つのパスワードを入手した際、その他のサービスや情報も見ることができ得てしまうからです。
可能な限り別に設定しましょう。また、大文字小文字を混ぜたり数字や記号を混ぜれば混ぜるほど、解読されにくくなります。
また、パスワードを他の人に教えたり、使いまわしたりする事も避けましょう

・パスワードを盗まれるケース

パスワードが破られるケースとしては悪者がただひたすらにキーワードを入力してしらみつぶしに正解のパスワードを探す、という事がありますが、最も可能性が多く、簡単に見破られてしまう方法は、ほかの人に見られてしまうことです。パスワードを入力するタイミングで後ろに人がいないか、いても画面を注視していないか、などを意識しましょう。
また、カフェや電車のなかでおもむろに入力しだすのもの危険です。

これらのことはほんの少しの注意で予防できる情報漏洩対策です。いつも意識するように心がけましょう。

関連するまとめ

面倒な作業を自動化できるマクロの利点と魅力

コンピュータに様々な動作をさせるにはプログラムという指令書が必要です。 そこで「VBA」プログラム言語を使っ…

カリスマキュレーター

Wi-Fi環境をもっと充実させませんか?モバイルWi-Fiが熱い!

最近はスマホやタブレットで動画などを楽しむ機会も増えてきました。 自宅であれば、光回線に繋ぐこともできますが…

カリスマキュレーター

ユニークさが際立つSONYのVAIOのまとめ

かつてソニーで生産されていたパソコンのVAIOには今では想像もつかないようなユニークな物が色々作られていまし…

カリスマキュレーター

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング