・二日酔いにならない為の予防

「飲む前に飲む」

「飲む前に飲む」

最近よくテレビなどで宣伝されている肝臓水解物をお酒を飲む前に飲む事が効果的です。
これを飲む事により肝臓でアルコールの分解を助けてくれて、翌日二日酔いになりづらくなります。
薬剤師によると数ある肝臓水解物の中で最も効くのが「レバウルソドリンク」だそうです。
レバウルソドリンクは結構苦いので、味がキツイという方の為に錠剤タイプもあります。

「寝る前に水分補給」

「寝る前に水分補給」

飲んだ後、ベロンベロンに酔っ払っている状態であっても「寝る前に水分補給」をするだけで翌日の辛さ全くが違います。
目安としてはコップ1杯、出来れば2杯飲みましょう。
さらにそれがスポーツドリンクであればより効果的です。

・二日酔いになってしまった時の対策

「しじみ汁を飲む」

「しじみ汁を飲む」

しじみには肝臓に良いとされているミネラル・アミノ酸を豊富に含んでいるので、二日酔いの改善を助けてくれます。

「頭痛薬を飲む」

二日酔いによる頭痛が酷く、さらにすぐに治したい場合は頭痛薬を飲みましょう。
二日酔いの時に飲める頭痛薬として代表的な物は
ロキソニン
イブA錠
バファリンA
などです。

「病院へ行く」

二日酔いの状態があまりに酷く、立ち上がる事も出来ない・嘔吐が止まらないという場合は迷わず病院へ行きましょう。
点滴による治療でブドウ糖液を流し込む事で体内アルコール濃度を下げ、アルコールの分解を促す水分補給も同時に行います。
筆者も一度、あまりに酷い二日酔いで病院へ行き点滴を受けた事がありますが、驚くほど二日酔いの症状が改善されました。

・まとめ

これから夏がやってきてお酒が進む季節です。
こういった簡単な対策・予防をするだけでも結構改善されるのでぜひお試し下さい。
アルコールと上手な付き合い方で楽しく飲みましょう!

関連するまとめ

セディールについて

タンドスピロンクエン酸塩

sindou-k

歴史ブームになると盛り上がる仮説特集!【その2】

いつしかまた来るであろう歴史ブーム! そこで歴史ブームになると盛り上がる仮説をまとめました。

宗國

半世紀前から続く、東京通勤地獄、満員列車風景(1960~1970年代)

海外メディアで取り上げられていた、今からおよそ半世紀前の東京の満員列車風景。当時、日本の国有鉄道であった「国…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング