肩こりとは、肩から首の周辺の筋肉が緊張し、重苦しく感じる状態のことです。

肩は全体重の1/5~10近くにあたる頭と腕を支えていて、とても負担がかかりやすい箇所です。

そんな肩の部分を効果的にほぐすストレッチをいくつかご紹介します。

1.肩甲骨と胸のストレッチ

頭を下げて両手を前に伸ばして組みます。

肩甲骨を大きく広げるイメージを持ちながら、背中を後方に押し出すように伸ばします。

次に両手を背中側へ引いて、胸をぐっと前に押し出して胸の筋肉を広げます。

腕だけ後ろに反らないように胸全体が伸びるようにおこなうのがポイントです。

このストレッチは肩甲骨と胸の筋肉に効果的です。

2.腕をぶらぶらさせるストレッチ

足を肩幅より少し広げた状態にします。上体を前方に倒し、腕を真下にぶらぶらさせます。
腕は体の5%ほどの重さがあります。

そのため単に腕の重さだけで、ダンベルなどを持たなくてもこのストレッチでは十分な負荷をかけることができます。
このストレッチは肩関節と腱板に効果的です。

3.僧帽筋のストレッチ

最後に、通称「肩こり筋」とも呼ばれる僧帽筋のストレッチです。

片方の肩に反対側の手を置いて、手を置いた肩からなるべく首を離すように斜め上へ伸ばします。反対側も同様に行います。

これにより首周辺と肩甲骨をつなぎ、肩甲骨の動きを操っている僧帽筋の緊張がほぐれて肩こりに効果的です。

まとめ

最後に、通称「肩こり筋」とも呼ばれる僧帽筋のストレッチです。

片方の肩に反対側の手を置いて、手を置いた肩からなるべく首を離すように斜め上へ伸ばします。

反対側も同様に行います。

これにより首周辺と肩甲骨をつなぎ、肩甲骨の動きを操っている僧帽筋の緊張がほぐれて肩こりに効果的です。

関連するまとめ

生理の時でも快適!今話題の今治タオル布ナプキン「LOUISCI」

今話題の布ナプキン!その中でもカブレにくい,ニオイにくい,生理が早く終わる,生理痛軽減, ,生理が楽しみ,温…

chieまとめ

ダイエットと朝食の重要性

ダイエットだからと、 朝食を抜く人がいますが、 朝起きてから昼食まで食事を摂らないと、長い時間にわたって体内…

【モテモテ!】男性に好まれるきれい系フェイスの特徴って?

男性がきれいだと思う女性の顔にはいくつかの特徴があります。パーツごとにまとめました。

ペニー

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング