5月も半ば、さっそく私の周りでも五月病らしき新入社員が見受けられますが、皆さんの職場ではいかがでしょうか。

特に新卒社会人の方は初めての社会生活に戸惑い、今後の進退について悩まれている方も多いかもしれませんね。

今回はブラック企業チェックです。

当てはまるようであれば、転職もやむなしです!

働き地獄企業

残業があって当たり前の企業です。募集要項に残業の記載がなくとも、ブラック企業では残業を強要します。

ともすると、
「うちは10時間以上残業代つかないから」
「残業代込みの給与だから」
という理由で、なんとかして人件費を抑えようとします。

なお、ブラック企業では有給休暇も何かと理由をつけてとらせてくれません。有給休暇は労働者の当然の権利です。そもそも法律で定められていますから、有給休暇を取らせないということは労働基準法違反となります。

洗脳企業

人間は過酷な労働環境に長い間身を置くと、満身創痍状態に陥り、それに伴い思考能力も落ちてしまいます。

その結果、精神を病んで退職、もしくは「これは自分にとって必要な修行なんだ」と良い方にとらえ、その信仰心のもとに黙々と働くだけの人に分かれます。

後者の場合、その労働に見合ったお給料であればまだ救われるのですが、ブラック企業の場合、まずそれはありません。

勿論、人はお金の為だけに仕事をするわけではありません。

やりがいだったり経験だったり、それは様々ですが、それらが手にできるからと言って、十分な給与を支払わなくていいということにはなりません。

あなたの会社の社員はどうでしょうか?

洗脳されていませんか?あなたは大丈夫ですか?

時代錯誤企業

中小企業に多いのですが、雇用者が変な勘違いしている企業が多々見受けられます。

主に
「自分は給与を支払ってやっているのだから、自分は偉い。従業員は自分にかしずいて当たり前だ。」といった昭和を彷彿とさせる勘違いです。

当然態度も横柄で、思うように部下の業績が上がらないと、恫喝したり、長時間にわたりお説教、酷いところでは物を部下に投げたりする雇用者もいるそうです。

雇用者と従業員は契約関係でしかありません。

従業員が労働を供給し、その対価として給与を出す、それだけであって、前述した勘違いは傲慢の極みでしかありません。

必要以上の上下関係を強要する会社にお勤めなら、転職も選択肢の一つとして考えた方がいいでしょう。

まとめ

早く辞めて自分に合った職場を探そう」、
「他の職場も今と似たようなものかもしれない。今辞めれば、次の就職に不利になるかも」
なんて、私も若い頃はよく思ったものでした。

よくも悪くも他所を知らないということは平均値がわからないので、自分の感覚が正しいのかどうかわからないんですよね。

悩んだら、まず会社以外の人間に相談しましょう。

専門的な意見が欲しかったら、市町村の労働相談情報センターといった公共機関を頼りましょう。

あなたのビジネスライフがより良いものになりますようお祈りしています。

関連するまとめ

【ここでおさらい!】アメリカ大統領まとめ②(20世紀)

2017年1月、アメリカでドナルド・トランプ大統領が誕生しました。 そんなアメリカの歴代大統領をまとめてみま…

オトコのミカタ

転職したいけど何から始めたらいいか分からない!効率的進め方とは。

転職活動をしたいけど、何から始めて良いか分からないと悩んでいる人へ向けて、転職活動の進め方についてまとめまし…

あり

作業効率抜群のあると本当に仕事や勉強がはかどる便利グッズ!

機能的な文房具を使う人が増えています。毎日使うものでちょっとした手間を省くことができるなら作業効率がぐんとア…

h_t

関連するキーワード

つくくん

できるだけ皆さんに役立つ知恵をまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング