・弔事は急に訪れる

友人でも親戚でも、訃報は急に訪れるものです。以前から病気を患っているような方であれば、ある程度心の準備もできるかもしれません。しかし急病や事故などで、知人が急逝されるということは十分にあります。
その時には心の準備もできておらず、自分は何を用意すればいいのか、どのように行動すればよいのでしょうか。

・段取りについて

まず最初に電話等で親族や知人から連絡を受けると、「通夜」と「葬儀」がとり行われるのかどうか、を確認します。最近ではこれらをとり行われない葬儀もあるからです。
行う場合はその場所と日時を確認しましょう。故人との間柄にもよりますが、慶事と違い弔事は最後のお別れとなります。通夜と葬儀の日程を確認したら、仕事の予定を調整して可能な限り都合をつけたほうが良いでしょう。

・香典について

「通夜」「葬儀」の当日は、香典を持っていくことになります。ただし香典はその葬儀の宗派によって、「御霊前」「御仏前」「御香典」「お花料」などと、名称が異なります。
この宗派ではこの名称はOK、この名称はNGというのが決まっているので、宗派がわからなければ近親者に確認し、正しい名称にて用意しましょう。大まかには
仏教かつ真宗の場合は「御仏前」、仏教かつ真宗でない場合は「御霊前」、神道は「御神前」、キリスト教は「お花料」が一般的です。
金額も個人との関係により様々ですが、いずれにしてもご祝儀とは違い新券のお札は入れてはいけません。「予め死んだ時に用意していた」と捉えられて失礼にあたるのが理由です。新券しかない場合は自分で折り目を付けて入れましょう。

弔事は急に訪れますが、慌てずに考えると、しなければならないことはそう多くはありません。しっかり準備して故人とのお別れを迎えましょう。

関連するまとめ

【凄い!】おすすめ便利グッズランキングTOP10

今回は主婦が喜ぶ便利グッズTOP10をご紹介します! 是非欲し物があったら購入してくださいねw

里親制度で可愛いペットたちと巡り合うメリット

ペットショップで高額でペットを購入するのも一つの手ですが、行き場がないペットたちを救う方法として里親制度があ…

ハムスター

住宅ローンの借り換えを長期固定金利に!!

残債の減り具合と、毎月の返済額の差をしっかりと計算して安心な返済を心がけてください。

flower

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング