■少額でもできる積立て投資信託

投資をしたいけれど貯金の額が少ないという人や、そもそも自分のために使えるお金があまりないという主婦も多いでしょう。ですからそんな人におすすめなのが、毎月一定の額を積み立てていくだけの積立ての投資信託です。毎月定額を引き落としする設定にすれば、自動的に口座から積み立てる額が引き落とされていくので、自分でわざわざ入金しなくても良いというのがメリットです。また、毎月引き落としされる額も1000円、2000円と少額でOKの投資信託を選べば家計の負担にもなりません。投資信託は運用はプロに任せるものなので、自分に投資の知識や運用の知識がなくても大丈夫です。初めての投資デビューにもぴったりなのが少額の積立て投資信託です。

■小型株で株投資をしてみる

株投資と聞くとリスクが大きく損をしてしまうイメージがありますが、株もリスクが少ない小型株や、優待目当てに購入する株であればリスクが少ない感じで運用することもできます。株は上がったり下がったりの繰り返しですから、もちろん大幅下落して損をしてしまう可能性もあります。ですが5万円以下で買える小型株であれば5万以上の損はないですし、また優待目的で運用する株であれば、下落しても持ち続けていることで優待を得る楽しみがあります。

■投資をすると経済や景気を考えることができる

株の大幅下落や優待廃止などのリスクを避けるには経済や景気の勉強をする必要もあります。ですから投資を行うと今まで無関心だった政治や経済を知れるというのも良いでしょう。株や投資信託による投資は儲かる儲からないだけでなく、自己投資にもなるのです。

まとめ

少額で投資信託・株投資にチャレンジしたい時はリスクの少ない方法でチャレンジしてみると良いでしょう。

関連するまとめ

【知っておくべきキャッシングのあれこれ】無職とキャッシング

無職でもお金を借りることができるの?審査ってなに?知っておくべきキャッシングの情報を集めてみます。

青い彗星

世界経済のドン?!ユダヤ人の歴史における発展

実は世界の経済を握っているとも言われる、ユダヤ人。その活躍の裏にあるストーリーをまとめました。

スカッとじゃぽん

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング