~ご挨拶~

記事をご覧頂きまして、ありがとうございます。

素の人(しろのーと)と申します。


今回は、すっかり住民権を得た人気キャラクター「初音ミク」について紹介していきたいと思います。

「見たことはあるけど、何のキャラクターなの?」という方も多いかと思いますので、「そもそも何者なのか?」「なぜこんなに人気なのか?」といった内容でお届けしていきたいと思います。

「初音ミク」とは?

CMやコンビニなどで見かける「初音ミク」ですが、一体何者なのでしょうか?

超高性能の「音声読み上げソフト」

初音ミク(はつね みく)は、2007年8月31日にクリプトン・フューチャー・メディア社から発売された、音声合成・デスクトップミュージック用のソフトウェアです。

デスクトップミュージック(DTM)とは、「主にパソコンを使って音楽を作ること」です。

いわゆる「打ち込み」というヤツですね。


「声に歌い手としての身体を与えることでより声にリアリティを増す」というコンセプトで、ソフト自体をバーチャルアイドルとしてキャラクター付けした製品シリーズ「キャラクター・ボーカル・シリーズ」のの第1弾として発売されました。


発売前から予約が殺到し、ユーザーの間では「発売当日に届かない!」などの声が多数挙がるほどの人気ぶりでした。

簡単に「ボーカル」音源が作れる!

このソフトの凄い所は、感覚的な操作でハイクオリティなボーカル音源を作れることです。


ピアノロールが表示されてメロディが作れるほか、「MIDIファイル」という演奏データ用の規格にも対応していて、打ち込み用のソフトで作ったメロディを読み込むだけで、そのメロディに合わせて「ラララ~♪」と歌ってくれます。

メロディ一音一音に対して操作ができ、ひらがなで歌詞を打ち込むだけで、「一音に対して一文字」で自動的に”歌って”くれます。


「ボリューム」「ブレス」「明るさ」「感情」「口の開き具合」などパラメーターも豊富で、こちらも一音一音に対して操作できるので、かなり繊細な調整ができ、上手な人が調整をすると「本当に感情があるのでは?」と錯覚するほどの音源が出来上がります。


ソフトウェアには打ち込み用のソフトも付属していて、作ったボーカル音源をすぐにカラオケ音源とMIXすることができます。

なぜこんなに人気なの?

ソフトが発売されてから十年近くが経過しましたが、どのような経緯で今の人気を獲得していったのでしょうか?

大手動画投稿サイト「ニコニコ動画」

「初音ミク」と切っても切れないのが、大手動画投稿サイトの「ニコニコ動画」です。


「動画の上に視聴者のコメントが流れる」という特徴で有名な「ニコニコ動画」は、主に若者に人気の動画投稿サイトです。

こちらのサイトには当初から「VOCALOID」というカテゴリが設けられ、「初音ミク」を使って製作された作品が数多く投稿されてきました。


さらに、優秀なユーザーたちにより、この「初音ミク」を演出するための様々な素材やソフトが製作されてきました。

「ミクオリジナル曲」の大ブレイク

ソフト発売当初は、既存の楽曲に初音ミクのボーカルを乗せたカバー楽曲が投稿されていたのですが、その後作曲のできるユーザーたちによってオリジナルの楽曲が次々と投稿されていきました。


初めの頃は、自分の曲を歌ってくれる「ミクのための曲」というコンセプトの作品が多く見られました。

2007年09月20日に投稿された、現在サイト内の「初音ミク」タグの動画で最も高い再生回数を記録している「【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」は、なんと1200万回再生を超える人気ぶりです。

その後、キャラクター向けの作品だけではなく、ラブソングなどの一般的なテイストの作品も投稿されていきました。

「千本桜」や「メルト」といった1000万再生を超える作品をはじめ、様々な名曲が誕生していきました。


投稿者のレベルもドンドン上がり、現在では多くのクリエイターが、イラストレーターやアニメーションクリエイターのユーザーと共に活動し、聞き応え・見応えともにハイレベルな作品が数多く投稿されています。


メジャーデビューしたクリエイターも多く、この「初音ミク」を通して沢山の才能が発掘されてきました。

「歌ってみた」との親和性

「初音ミク」の人気をさらに加速させたのが、ニコニコ動画内のカテゴリ「歌ってみた」です。


「初音ミク」のオリジナル楽曲は、作品のほとんどがフリーでカラオケ音源を公開・配信しているため、誰でも簡単に「歌ってみた」動画の作成が可能です。

それまでアニソンなどをカバーしていた有名な「歌い手」たちによる、初音ミク楽曲の「歌ってみた」動画が投稿され、さらに多くのユーザーに愛されるようになりました。


また「演奏してみた」や「踊ってみた」など、音楽関連のカテゴリでも様々な関連動画が投稿され、こちらでも歌手やアイドル、ピアニストなど数多くの才能が発掘されました。

3DCG技術とのコラボレーション

視覚的な効果を強調する「3D」の技術も、人気を加速させた要素の一つです。


2008年2月に公開されたフリーソフト「MikuMikuDance(みくみくだんす)」(通称「MMD」)は、そのあまりの使いやすさに、紹介動画に「振り込めない詐欺」のタグがつけられています。

対応OSはWindowsのみですが、ダウンロードファイルの容量がわずか5MBと小さく軽快な動作で、直感的な操作で初音ミクのダンスムービーが作れるほか、アクセサリ・カメラアングル・ステージといった要素も活用することができます。

しかも、モデルとなる3Dデータが数多く同梱されていて、使い方さえ覚えればこのソフトだけでかなりのクオリティの動画を、無料で作ることができます。

オリジナル楽曲のクリエイターをはじめ、沢山のユーザーがこのソフトを使用した動画を投稿しています。

また、この3DCG技術は、「初音ミク」のメディアミックスにも一役買っています。

2011年には、ウェブブラウザ「Google Chrome」のCMで初音ミクが起用されたことで話題となりましたが、こちらでも3Dの技術が使われました。

初音ミクのオリジナル楽曲を使用したリズムゲーム「初音ミク -Project DIVA-」では、すべての楽曲に対してオリジナルの3Dムービーが使われています。

最近では、まるでそこにいるかのように見える高画質・大サイズのプロジェクターと「モーションキャプチャ」の技術を組み合わせて、ライブをしたり、歌舞伎役者の中村獅童さんとコラボして歌舞伎を上映したりといったイベントも開催されています。


技術とともに進化していく「初音ミク」のメディアミックスに、今後も注目です。

~まとめ~

関連するまとめ

見たらラッキーかもしれない?珍しい車のいろいろ

生産台数が非常に少なかったり、限定販売だったりと普通の道路で見かける確率が非常に少ない車についてまとめました…

あり

【動画更新!】『空前絶後のぉ~超絶怒涛のピン芸人っ!!』テレビで今もっとも引っ張りだ…

「ガキの使い」などにも引っ張りだこのピン芸人【サンシャイン池崎】についてまとめてみました。ジャスティス!!

オトコのミカタ

マイナーセダンの中のマイナーセダンホンダ・インテグラSJ

かつて存在したホンダのクーペと4ドアハードトップのインテグラですが、さらに4ドアセダンで外見に全く共通点のな…

sai

素の人(しろのーと)

アクセス頂きありがとうございます!
素の人(しろのーと)と申します。

趣味でアニソンの打ち込みカラオケ等を作っております。
youtubeさんとニコニコ動画さんにて活動中なので、宜しければご覧くださいませ☆彡

名実ともに「しろーと」のライター初心者ですが、アニメ情報等を「普段あまり興味のない方にも、できるだけわかりやすく」お届けできれば、と思っておりますので、温かく見守って頂ければ幸いです☆彡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング