私が一人暮らしを始めた頃、一番最初に「こりゃ参ったな〜」と思ったのが生ゴミの臭いでした。

ゴミを出す日は週2回しかなく、真夏日の日は臭いがあまりに酷くて眠れない程でした。

私はこの臭いをどうにかしようと試行錯誤し、生ゴミと格闘する中で編み出し簡単で”最強”の処理法をご紹介致します。

冷凍

色々試してきましたが、この「冷凍」が一番最強の処理方法です。

生ゴミが出たら、ビニール袋にまとめてしまい、ゴミの日まで冷凍庫へ保存してしまいます。
もちろん冷凍されるので腐ってカビが生える事も無いし、臭いが発生する事もありません。
しかし、「生ゴミを食材と一緒に入れるのは抵抗がある...」という方がいるかと思います。
私の当初はそう思いました。
そんな方の為に他にも方法はございます。

牛乳パック

冷凍庫に生ゴミを入れる事に抵抗のある方は牛乳パックを使って見てください。
生ゴミが出た時にだけ口を開け、生ゴミを入れてしまったら口を閉じましょう。
コツとしては生ゴミの水分を絞ってから、牛乳パックへ入れるとさらに臭いが軽減されます。
三角コーナーを使わないのでシンク広く使える上に、牛乳パックの口が塞がってて臭いが気にならないと一石二鳥です。

新聞紙

生ゴミが出たら新聞紙の上に乗せ、料理が終わったら綺麗に丸めて包みましょう。

新聞紙が生ゴミの水分を吸収し、臭いを防ぐのです。
読み終わった新聞紙は捨てずに有効活用しましょう!

関連するまとめ

蚊に刺されやすい人の特徴はどこにあるのか?

アウトドアなどでそとに出る機会が増える中で、蚊に刺される人の特徴を説明していきたいと思います。

ハムスター

食べ方を間違うと危険がともなう

最近食中毒騒動が続いている。食に対する安全とは、売り手の側だけが法律を守っていても、ユーザーである食べる側が…

宗國

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング