■ビタミンC誘導体とは?

抗酸化作用の成分は、化粧水などスキンケア商品に配合しても壊れやすく、ビタミンCの効果を得る事は難しいとされていました。
そこで、そんな壊れやすいビダミンCの成分を、安定して摂取出来るよう人工的に改良し作られた成分が「ビタミンC誘導体」です。

さて、誘導体化したビダミンCには一体どんなメリットがあるのか?ご紹介していきましょう。

■2つのビタミンC誘導体

通常ビタミンCは、そのまま肌に塗ったとしても、中まで浸透する前に成分が壊れていました。しかしビダミンC誘導体は、肌への浸透力がとても高いのです。
ビタミンC誘導体を、もっと細かくみていくと、「①水溶性」「②脂溶性」に分ける事が出来ます。
「①水溶性」とは、ビタミンCがリン酸と合わさる事で皮膚への吸収力を高め、ビタミンC本来の効果を短期間で得られる事が期待できます。メラニンを抑制させ、新陳代謝も上がり、なおかつメラニンの排出を促すのでシミ改善に役立ちます。
また、皮脂分泌をコントロールする作用や肌をなめらかにする効果もあります。
これらは主に化粧水や美容液に含まれています。
次に「②脂溶性」ですが、これは吸収力の高い水溶性(=ビタミンC)に油分を結合し、乳剤にしたものです。主に美容クリームやジェル化粧品などに配合されている脂溶性ビタミンC誘導体は、皮膚への刺激が少ないので敏感肌の人に有効です。水溶性ビタミンC誘導体に比べれば即効性は見込めませんが、その分角質層や皮脂膜への吸収力が高いのです。保湿効果の持続性もあり、肌の乾燥トラブルを助けます。

■新型のビタミンC誘導体

「①水溶性」「②脂溶性」の他に、そのどちらの性質をも併せ持つ、新型のビタミンC誘導体があります。この水溶性+脂溶性のビタミンC誘導体は、真皮までビタミンCを届ける事で直接シミやシワにアプローチする事が出来る特徴があります。
水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と、脂溶性ビタミンC誘導体の「浸透力」、この両方を併せ持つうえに、皮膚への刺激や乾燥を抑えてくれるオールマイティなビタミンC誘導体なのです。
老化の原因となる活性酸素を除去し皮膚を活性化、コラーゲンの生成によりアンチエイジングの働きにも効果的です。
コラーゲンの生成により、消えなくなったニキビ跡さえ改善される事が期待できます。

これだけの効果をもたらすビタミンC誘導体。一度自分に合うか試してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

2ヶ月間の集中ダイエットで理想の身体を手に入れよう!池袋のパーソナルトレーニングスタ…

痩せたいという女性の方へ!お一人ではたどり着くのが難しい目標もBDSならば実現できます! どのような身体作り…

chieまとめ

ダイエットに有酸素運動は不必要!?週に2回、1回6分30秒の無酸素運動がベター

ダイエットに有酸素運動は不必要!?週に2回、1回6分30秒の無酸素運動がベター

女性の味方

にんにくを食べていない人は損している!?驚きのにんにくパワーとは

にんにくは、なんとなく元気になるイメージですよね。 にんにくの効果や効能についてまとめてみました。

マトリックス

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング