■ビタミンC誘導体とは?

抗酸化作用の成分は、化粧水などスキンケア商品に配合しても壊れやすく、ビタミンCの効果を得る事は難しいとされていました。
そこで、そんな壊れやすいビダミンCの成分を、安定して摂取出来るよう人工的に改良し作られた成分が「ビタミンC誘導体」です。

さて、誘導体化したビダミンCには一体どんなメリットがあるのか?ご紹介していきましょう。

■2つのビタミンC誘導体

通常ビタミンCは、そのまま肌に塗ったとしても、中まで浸透する前に成分が壊れていました。しかしビダミンC誘導体は、肌への浸透力がとても高いのです。
ビタミンC誘導体を、もっと細かくみていくと、「①水溶性」「②脂溶性」に分ける事が出来ます。
「①水溶性」とは、ビタミンCがリン酸と合わさる事で皮膚への吸収力を高め、ビタミンC本来の効果を短期間で得られる事が期待できます。メラニンを抑制させ、新陳代謝も上がり、なおかつメラニンの排出を促すのでシミ改善に役立ちます。
また、皮脂分泌をコントロールする作用や肌をなめらかにする効果もあります。
これらは主に化粧水や美容液に含まれています。
次に「②脂溶性」ですが、これは吸収力の高い水溶性(=ビタミンC)に油分を結合し、乳剤にしたものです。主に美容クリームやジェル化粧品などに配合されている脂溶性ビタミンC誘導体は、皮膚への刺激が少ないので敏感肌の人に有効です。水溶性ビタミンC誘導体に比べれば即効性は見込めませんが、その分角質層や皮脂膜への吸収力が高いのです。保湿効果の持続性もあり、肌の乾燥トラブルを助けます。

■新型のビタミンC誘導体

「①水溶性」「②脂溶性」の他に、そのどちらの性質をも併せ持つ、新型のビタミンC誘導体があります。この水溶性+脂溶性のビタミンC誘導体は、真皮までビタミンCを届ける事で直接シミやシワにアプローチする事が出来る特徴があります。
水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と、脂溶性ビタミンC誘導体の「浸透力」、この両方を併せ持つうえに、皮膚への刺激や乾燥を抑えてくれるオールマイティなビタミンC誘導体なのです。
老化の原因となる活性酸素を除去し皮膚を活性化、コラーゲンの生成によりアンチエイジングの働きにも効果的です。
コラーゲンの生成により、消えなくなったニキビ跡さえ改善される事が期待できます。

これだけの効果をもたらすビタミンC誘導体。一度自分に合うか試してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

やせる習慣を身につけよう!ダイエッターの心得3つ【買い物編】

色々なダイエットを試してはまた挫折、を何度も繰り返していませんか?ダイエットの内容も大事ですが、もっと大事な…

世界の雑学王

医療脱毛と脱毛サロンの違いは?上手に使い分けよう!

医療脱毛と脱毛サロンのメリットデメリットを知り、上手に使い分けることをお勧めします。

あり

知らないと損する!枕の偉大な役割と材質の選び方

枕の果たす大切な役割や、材質によってちがうそれぞれの長所や注意点についてまとめました。

青い彗星

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング