そもそも遺産とは

遺産は亡くなった方が持っていた資産のことです。この資産を生きている人に分ける事を「遺産相続」と言い、遺産相続が発生した場合は「相続税」という税金が課税されてしまいます。親族であれば全員遺産を貰えるというわけではありません。何パターンかの段階と候補があります。

遺産を相続できる候補

遺産を相続する権利を持っている第一候補が配偶者と子です。
この子が遺産相続を放棄した場合、第二候補となるのが配偶者と親です。
このケースも放棄された場合は、第三候補に配偶者と兄弟、となります。
テレビドラマなどでよく遺産相続に関して大人同士が喧嘩をしているのは、お父さんが亡くなった時の子供同士のケース(第一候補)か、
兄弟が亡くなった時の残された兄弟同士のケース(第三候補)か、が多いのではないでしょうか。

必ずしもいいことばかりでもない

遺産を相続する場合は、必ずプラスの遺産ばかりではありません。マイナスの遺産、つまり借金です。故人がお金を借りていた場合、その負債は亡くなったあとはやはり遺産相続手続きと同じ事をしなければなりません。
負債の存在を周りの人たちが知らなければ、急に遺産相続により借金を背負うことになってしまうので、気を付けましょう。その場合は、遺産相続の放棄、という手続きを行うこともできます。裁判所などで確認してしっかりと手続きをしましょう。
このように、一言で遺産相続といってもいろんな法律や手続きがあるため、自分が遺産相続の候補に挙がったときにはしっかり調べることをお勧めします。

関連するまとめ

日本の人口が2000人に??楽観視できない日本の少子化

人口減少や少子高齢化について、統計局や人口研究所のデータをもとにまとめてみました。

sai

完全個人的!業務用スーパーリピート厳選商品!

最近はネットや、宅配型のスーパーなど色々な形で食材や生活用品を購入できるようになりましたね。しかしそれでも家…

まとめマスター

自己破産の手続き開始から終了までどのくらい?

いかがだったでしょうか。 少しでもお力になれていれば幸いです。

flower

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング