副業したいなぁと思いながらも、サラリーマンや主婦の方でなかなか時間を確保できないという方は多いと思います。

しかし、webライターという職種は時間がなくても気軽に取り組め、しかもある程度の収入も確保することができます。

今回そんなwebライターに関する情報をまとめました。

その1:そもそもwebライターとは?

webライターとは、文字通りweb状でブログ記事やまとめ記事などをライティングする仕事のことを指します。

日記調のようにラフなスタイルで書くこともあれば、専門書みたくかっちりとした文体で書くなど、クライアントからの要望に応じて文章のスタイルを変えていく必要があります。

PCとネット環境さえあれば、気軽に始められることから、現在副業として大変人気のある職種になります。

その2:webライターは難しい?求められる技術とは?

webライターになることは難しくありませんし、特殊な技術も一切必要ありません。
タイピングや基本的なコミュニケーション能力さえあれば、年齢問わずどなたでも行うことができると思います。

強いていうなら、リサーチ能力が長けている方は尚いいです。

というのも、依頼内容によっては専門外、知らないテーマに関してライティングするというケースも多々あるので、その都度ネットや書籍で新しく情報を入手していく必要があります。

そういった作業が苦手という方は、職種としては少し難しいかと思います。

その3:webライターになるにはどうすればいいの?

個人でクライアントと交渉し、依頼を得ることができるほどの横の繋がりがあれば苦労しませんが、普通の人はなかなかそんな風にはいかないと思います。

そのため、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といった、クライアントとマッチングできるサイトに登録することが一番手っ取り早いです。

そこで技術も身に付けることができますし、何よりライティングでお金を稼ぐという感覚も把握することができます。

まずはそうしたサイトから始め、徐々に力をつけていくようにしましょう。

その4:気になる収入面は?単価はどうなの?

最後に、副業としてwebライターの収入面はどれほどになるのか。

結論からいうと、稼ぐ人で月10万、それ以外だと月に1万前後がほとんどです。

webライターの記事単価はおおよそ1文字0.5円といった相場が大半です。

つまり、1000文字書けば500円という計算になります。

時間的に余裕がある方なら10万以上いくこともありますが、副業として隙間時間を狙って行う場合、月に1~3万ほど。

それでもお金になることに変わりはないので、もし副業を考えているのなら、ぜひチェックしてみてくださいね!

関連するまとめ

アルバイト探しがラクになる!おすすめの求人サイト等3選!

アルバイトや派遣経験がまだないと、どうやって仕事を探すのが効率的なのか分かりませんよね。特に高校生や大学生だ…

sai

就職面接は部屋の入り方で決まる?面接で最も気を付けたいこと3選

就職面接を突破する為に、面接の際に最も気を付けたいポイントについてまとめました。

rrra

新聞に書いてある事は本当に正しいのか?

毎朝読む新聞ですが、そこに書かれている内容は真実なのか、いま一度検証してみましょう。

mattarina

関連するキーワード

専門君

ITやWEB関係、不動産やリフォームなどの専門分野をまとめています!よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング