最近、不妊治療をする人が増えてきています。

仕事を辞めないといけないのか、不安になりますよね。

不妊治療と仕事の両立についてまとめてみました。

タイミング法と仕事の両立

タイミング法は、不妊治療の初期段階です。

自宅では毎朝、基礎体温を測り、排卵検査薬などで、排卵日を予測していきます。

病院ではエコーで、卵胞の大きさを測り、排卵日を予測していきます。

タイミング法であれば、1・2週間に1回程度の病院通いになりますので、

仕事の両立はできそうです。

人工授精と仕事の両立

タイミング法で妊娠しなかった場合に、人工授精にステップアップします。

人工授精は、排卵日を予測して、人工授精の日を決めます。

人工授精の日が決まったら、自宅で採取した精液を病院に持ち込みます。

病院によって、治療法は異なりますが、精液を濃縮させて、元気な精子だけを取り出します。

その精子を女性の子宮へ直接注入します。

人工授精は、卵と精子の距離を近づけてくれます。

人工授精は、排卵日を予測する為に、タイミング法と同じように、卵胞チェックで病院に通います。

できるだけ確実に排卵日を予測して、人工授精をしなければならないので、人によっては、注射や薬を使います。

また、人工授精の日にちは急に決まることが多いので、急に仕事を午前中に休んだりする必要があります。

タイミング法よりは、病院の回数も増えるので、職場の理解が必要です。

体外受精と仕事の両立

体外受精は、女性の卵を取り出して、精子と授精させた受精卵をお腹に戻す方法です。

採卵の方法や移植にもよりますが、スケジュールはある程度立てやすいです。

人工授精のように急に明日病院とはならないですが、病院の回数は増えるでしょう。

体外受精は、注射の副作用も人によってはあります。

職場の理解がないと、なかなか難しいところでしょう。

まとめ

不妊治療は、大変でお金もかかりますので、すぐに退職とはいかないかもしれません。

ですが、出産のリミットもありますので、パートに切り替えたり、無理のない範囲で治療をする必要がありますね。

関連するまとめ

がんばる受験生に!魚を食べると脳力がアップする秘密って?

通年食べられるマグロやアジにもたっぷりのDHAが含有されているので、3食のうち1食はおかずに魚をあるいは週に…

flower

半世紀前から続く、東京通勤地獄、満員列車風景(1960~1970年代)

海外メディアで取り上げられていた、今からおよそ半世紀前の東京の満員列車風景。当時、日本の国有鉄道であった「国…

これから暖かくなる季節!生ゴミを簡単に処理する方法

もうすぐ暖かい季節がやってきますね。 そんな時期キッチンで出た生ゴミの匂いに困っていませんか? ここではお金…

暮らし生活の知恵

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング