2001年にiTunesはMacintosh用のミュージックプレイヤーとして誕生しました。

同年デジタルオーディオプレイヤーiPodの登場によりMacintoshからiPodへ音楽を転送するためのアプリケーションへと進化しました。

あらゆるコンテンツをiTunesに取り込み、整理する機能を使えば非常に簡単に実行することができます。

例えば、CDトレイにディスクを入れiTunesを起動させれば、あとはボタンをワンクリックするだけで自動的に取り込みが完了します。

あるいはパソコン上に音楽ファイルが分散している状態でも曲をiTunesで開けば自動的にファイルを整理し、一つのフォルダ内にまとめてくれたりもします。

もちろん、iTunes Storeで購入した音楽や映像も同様です。

つまり、iTunesで取り込んでいない古い音楽などのデータであっても、iTunesを使えば自動的に整理整頓して手軽に再生できるようになるため非常に便利なメディアプレイヤーなのです。

iTunesの基本機能はメディアプレイヤーですが、iPhoneやiPodなどのApple製デバイス群とiTunesのコンテンツを連動させたり、Android搭載のデバイスやその他のミュージックプレイヤーにもiTunesからメディアを連携させることが可能です。

そうすることで、お気に入りの音楽や便利なプレイリストをiTunesで設定したまま外に持ち出せるようになります。

iTunesはiTunes自体のライブラリから「アルバム共有」を選択することでTwitterなどソーシャルメディア(SNS)に直接投稿してコミュニケーションを広げ、楽曲情報をシェアしてレコメンドすることができます。

Tunesは多機能で使いやすいメディアプレイヤーではありますが、好みによっては音質が気に入らないと言う声もあります。

そこでミュージックプレイヤーとして定評のあるfoobar2000でiTunesのライブラリの楽曲を再生する方法を紹介します。

foobar2000は音楽再生だけではなく、iTunes以上のエンコードの種類や、対応ファイルの多彩さ、そして何よりアプリケーションの軽快さに大きな魅力があります。

ビジュアル面やUIなど、洗練されたiTunesとはある意味対極にあるミュージックプレイヤーだけにiTunesとは違った楽しみ方があるはずです。

iTunesを使い続けると大量のプレイリストがストックされていきます。
これはユーザーの資産とも言える大切なものであると同時にiTunesから他のプレイヤーに気軽に乗り換えることができなくなる"足かせ"であると言っていいです。

そこでiTunesのプレイリストを読み込んで使うことができる『VLC media player』を紹介します。
iTunesより軽快に動作し、いろいろな形式に対応したファイルコンバートが可能になります。

Apple MusicはiTunes Storeに登録されている楽曲を聴くことができるサービスです。音楽好きで新曲をまめにチェックしたり、いろんなジャンルの音楽をたくさん聴きたいユーザーには適しているサービスだと考えられます。

以前に似たようなiTunes Matchというサービスがあったと思いますが、どちらかと言えば容量が少ないデバイスで音楽を聴くライトユーザーあるいは複数のパソコンを所有している場合にパソコン間で音楽データを同一にしておきたい時などに使う程度のユーザーに推奨できるサービスになっています。

個人的に気になっているのはApple Musicの毎日24時間放送で無料配信する『Radio』です。

iTunesには標準でラジオ機能がついていましたが、iOS 8.4 以降を搭載したデバイスではカスタマイズ性を高めたことで、フィーリングに合わせたカスタムステーションの作成を自由に楽しめるようになっています。

尚、Apple Musicを使用する場合は必要条件の事前確認を推奨します。

関連するまとめ

正しい日本語かどうか調べたいときに便利な日本語文章校正WEBツール!

正しい日本語かどうか調べたいときに便利な日本語文章校正WEBツール!

世界の雑学王

VRとMRの違い・活用されている業界について

2016年はVR元年と言われ、そこから1年が経ちました。現在どのような業界、サービスでVRが使われているか、…

専門君

あなたは大丈夫?!好感度が低いダメLINEパターンとは?

印象を悪くしてしまうLINEメッセージの原因と、その対処法についてまとめました。

百獣の王

つくくん

できるだけ皆さんに役立つ知恵をまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング