我が子がいつ歩き出すのかやきもきしているお母さんお父さんも多いのではないでしょうか?

早く歩くとよい。いやいやそんなことはありません。

ハイハイが長いことによるメリットもあるんですよ!

1.ハイハイで筋力アップ!

ハイハイの動作は腰回りの筋肉や腕の筋肉など、全身の筋肉を使います。

赤ちゃんがたっちを始めると上半身の筋肉を鍛えることは難しくなりますよね。

ハイハイが長いと上半身と下半身の筋肉をバランスよく発達させることができます。

ハイハイのポーズをとってみるとわかると思いますが、思いの外きついはずです。

大人が日ごろ使わない筋肉を赤ちゃんは知らず知らずのうちに鍛えているんですね!

この筋肉はいわゆる体幹と呼ばれ、体のバランスや強さをつかさどる重要なものですので、親子でハイハイのポーズをとって一緒に鍛えるのもよいかもしてません。

2.ころんだときの反射神経もアップ!?

「最近の子どもはころんだときによく顔を怪我する」なんて聞いたことがありませんか?それを防ぐのがハイハイです。

ハイハイは手を前に出して自分の体重を支えながら進みます。

たっちを始めてころんだときに、パッと反射的に手を出して顔などを守れるかどうかはハイハイで手を出す運動を身に付けているかどうかと関係しているそうです。

手を出す習慣をしっかりと身に着けさせることが、赤ちゃんを危険から守ることにつながるみたいですね!

3.お母さんの育児の助けにも!

赤ちゃんが自由に歩き始めると行動範囲が広がり、お母さんも迂闊に目を離すことができなくなります。

ハイハイが長いということはお母さんの心配や赤ちゃんの危険を減らすことにもなるのでこれもメリットということができるかもしれません。

まとめ

以上、ハイハイが長いことのメリットを紹介しました。

「まだ歩かないの?」なんて赤ちゃんの祖父母に言われることもあるかもしれませんが、焦らずゆっくりと赤ちゃんの個性を尊重して見守ってあげましょうね!

関連するまとめ

絶滅危惧種?いや有形文化財!バンカラ応援団!【その2】

ブラバンに負けじと頑張っているバンカラ応援団! そこでバンカラ応援団の高校をまとめました。

筆人

赤ちゃんへの躾は早めのスタートが肝心!

赤ちゃんの育児に奮闘するお父さんとお母さんを悩ませる、躾の問題。 どのように躾をして良いのか、悩んでしまい…

CHIE

家族で行きたい!赤ちゃんの動物園デビュー!

お出かけの定番「動物園」-赤ちゃんの動物園デビューについてメリットや注意点を紹介します。

あり

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング