SNS全盛となった今の時代、メールは個人であまり使わなくなりましたが、ビジネスではメールがまだまだ情報伝達の主流でもあります。

ビジネスの場合、失礼のないようにメールを使いこなしましょう。

ビジネスメールについて

メールは昨今、ビジネスにおいてでしか殆ど使われなくなりました。

同時に、セキュリティ面の強化や情報漏洩などのきっかけにもなりうるため、メールを送る際のマナーや気を付けなければならないことも昔よりも増えてきました。

メールを送る際には十分に注意して送るようにしましょう。

その為のポイントをいくつかご紹介します。

タイトルに気を付ける

もちろん送りたい内容を記載するので間違えることはあまりありませんが、それでもタイトルと本文を見直すようにしましょう。

間違えるポイントとしては、タイトルに期日などの日付を記載する場合は、その日が間違っていたり、返信としてメールを書き始めたけれども本文はタイトルと違った中身になってしまったり、という事も往々にしてありえます。

その際はしっかりタイトルを本文にあった内容に書き換えましょう。

本文に気を付ける

メールの本文も気を付けるポイントはいくつもあります。

まず冒頭にxx株式会社 〇〇様 といった宛先に、間違いがないか記載しましょう。送る相手の会社や名前を間違えるほど失礼なことはありません。

下手をすると重要な仕事にあなを開けてしまうことにもなりかねません。

また、メールの最後に着けるsignature(署名)も気を付けましょう。

特に4月などで組織が改変した場合、組織名を新しくしているか、社内で引っ越しなどした場合、電話番号を新しくしているか、などに注意してください。

signatureは通常メーラーが自動的に作成し、毎回自分で作成するものではないので変更を忘れがちです。十分気を付ける必要があります。

また、メールの本文には個人情報に関する内容が多く存在します。

第三者に画面等を見られないように気を付けましょう。

関連するまとめ

倒産する会社の予兆「ウォーターサーバーや観葉植物がオフィスから消える」

経営難に陥っている東芝が決算を再延期して上場廃止、さらには倒産の危機に陥っている。この“東芝ショック”とも言…

データベースのパフォーマンスが悪くなる理由

Webサイトのパフォーマンスを左右するデータベース。そのデータベースが遅くなる主な原因をまとめてみました。

筆人

〖仕事で困っていること、1位は?〗

社会ニュース!! バーニャカウダは2月28日、「仕事上の悩みに関する調査」の結果を発表した。

専門君

ITやWEB関係、不動産やリフォームなどの専門分野をまとめています!よろしくお願いします!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング