【生後1ヶ月健診】

赤ちゃんが生まれて、退院後初めての健診が1ヶ月健診です。
生後1ヶ月健診は、出産した病院で行われることが多いようです。
この健診では、赤ちゃんが母乳やミルクを飲んできちんと体重が増えているかや、お母さんの体の回復具合についても見ます。
1ヶ月間、慣れない育児で大変なお母さんも多いと思います。
不安なことがある方は、この機会に医師に相談しておきましょう。

生後3~4ヶ月健診

育児にも慣れてくる頃であるこの時期の健診では、赤ちゃんの首がすわっているかどうかがポイントです。
生後3~4ヶ月健診は、自治体の保健センターなどで集団健診で行われることが多いようです。
1歳までの赤ちゃんの発達で、おすわりしたりハイハイしたり等ありますが、その発達の第一歩となるのが、首すわりです。
うつ伏せにして頭を上げられるか、仰向けで両手を持って引くと頭がついてくるかを見ます。
首すわりがまだだと、1ヶ月後に再検査となることが多いようですが、発達には個人差があり、生後6ヶ月頃になってから首がすわる赤ちゃんもいるので、むやみに不安がる必要はありませんが、健診はきちんと受けるようにしましょう。

生後6~7ヶ月健診

この頃になると、赤ちゃんもかなり活発になり動きも激しくなってくると思います。
生後6~7ヶ月健診は、かかりつけの小児科で行われることが多いようです。
この時期には、寝返りやおすわりができるかどうかがポイントです。また、歯が生えてきているかどうかも見ます。
おすわりは、初めのうちは前のめりの格好になってしまったりで、うまくできない赤ちゃんも多いですが、少しでも座ることができれば大丈夫です。
また、離乳食の進み具合についても確認されます。1日の離乳食が2回食になり大変なお母さんも多いと思います。健診のある日に栄養士さんが来る小児科もあるので、不安な方は相談してみましょう。

赤ちゃんの成長には個人差があり、同じ月齢でも発達状況は人それぞれです。 それぞれの月齢の健診でのポイントに照らし合わせながら、少しでも不安がある場合は、健診の時に相談してみましょう。

関連するまとめ

目指せバイリンガル!子供を英語に慣れさせるコツ

いかがでしたか?ぜひ、英語を身近で親しみやすいものとして子供の心にインプットしてあげましょう!

flower

希望者全員が大学に入学する事ができる時代になった今の受験事情

多くの高校生が大学進学を希望するようになった現代。しかし、私立の大学が増え続けた結果、そんな進学希望者は大学…

スカッとじゃぽん

小さな子供の習い事にスイミングが人気な理由

小さなお子様の習い事ランキングに常に上位に選ばれるスイミング。 一体なぜそんなにスイミングが人気なのでしょう…

暮らし生活の知恵

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング