2019年に日本で行われるラグビーワールドカップの予選プールの組み分け抽選会が、5月10日京都迎賓館で行われました。
安倍首相、林横浜市長が出席し、抽選に加わりました。
前回大会各予選プール3位以上で既に出場が決まっている12チームを、世界ランキングでバンド1から3に分けて、バンドごとに抽選していきます。
実力上位のバンド1はニュージーランド、イングランド、オーストラリア、アイルランド、バンド2はスコットランド、フランス、南アフリカ、ウェールズ、バンド3はアルゼンチン、日本、ジョージア、イタリアです。
バンド4、5はこの後の予選で決まります。
日本は、アイルランド、スコットランドとともにプールAに入りました。
プールA残りの2チームは、ヨーロッパ予選1位通過チームと、ヨーロッパ予選2位とオセアニア予選3位のプレイオフ勝者です。
日本と同じプールになったアイルランド、スコットランド、そしてヨーロッパ予選1位通過が有望視されるルーマニアについて紹介します。

・アイルランド(世界ランキング4位)

昨年11月アメリカ・シカゴで世界最強ニュージーランド・オールブラックスに勝ち、世界最長のテストマッチ連勝記録を18で止めました。
111年29試合かけて上げたオールブラックスに対する初勝利でした。
この勢いで今年のシックス・ネイションズでも躍進するのではないかと思われましたが、初戦でスコットランドに競り負け、4戦目のウェールズには完敗。
しかし、2年連続グランドスラムを狙うイングランドとの最終戦では接戦を制し、2位になりました。
大物食いはするものの同格または格下には脆い面も見せる印象があります。

・スコットランド(世界ランキング5位)

前回のワールドカップでは予選プールで日本と対戦し、南アフリカに勝って勢いに乗る日本に45-10と大勝しました。
しかし、日本は南アフリカ戦から中3日だったのに対し、スコットランドは初戦でフレッシュな状態だったため、日程のあり方について物議をかもしました。
昨年6月スコットランドが来日して日本と2試合を行い雪辱を期しましたが、惜敗ながら2連敗と返り討ちに逢いました。
悔しい敗戦を喫した因縁の相手と再び同じプールに入り、今度こそ雪辱を期待したいところです。

・ルーマニア(世界ランキング16位)

ヨーロッパ予選に臨む世界ランキング上位チームとしては、ルーマニア(16位)、スペイン(18位)、ロシア(20位)などがありますが、最上位のルーマニアについて紹介します。
ルーマニアと言えば、強力なFWでスクラムが滅法強いチームです。
2014年11月に日本はアウェイでルーマニアとテストマッチを行い、18-13と辛勝しています。やはりスクラムでは相当プレッシャーをかけられました。
しかし、FW、特にスクラムに特化したジョージア、ルーマニアといったチームには、接戦はするものの、日本は着実に勝っています。
戦い方がシンプルなので対策も立て易いところはありそうです。

関連するまとめ

これまでのサッカー日本代表のワールドカップの戦い【その2】

注目を集めるサッカー日本代表!そこでこれまでの日本代表のワールドカップの戦績をまとめました。

taro

フィギュアスケート国別対抗戦、日本が5年ぶり2回目の優勝!

決して楽な展開ではなかった中、日本チームの優勝の立役者3人についてまとめました。

リカ

大人の習い事?謎めいたポールダンス教室の魅力

近年、テレビなどで芸能人が挑戦し、話題になっている「ポールダンス」についてまとめました。

専門君

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング