【ウォーキングダイエットの効果】

ウォーキングダイエットは、他のダイエットに比べると比較的続けやすいダイエット法といえます。場所も用具も必要なく、好きな時間に自分のペースでおこなえるからです。ダイエットは続けなければどんな方法を用いたとしても、効果を得ることはできません。よって、ウォーキングダイエットは、持続性があるため、確実に体重をおとすことができるダイエット法なのです。運動が苦手な人でも、ウォーキングなら無理なくおこなえます。また、手足を動かし続ける方法にてウォーキングをおこなうので、太ももからウエストにかけてのラインを引き締める効果も期待できます。

【効果をあげるための方法】

ウォーキングダイエットは、誰にでも取り組める簡単な方法です。しかし、ただ歩けば良い訳ではないのです。より効果をあげるためには、ポイントを押さえて歩くことが必要となります。まず一つ目のポイントが、姿勢良く歩くことです。背筋が曲がってしまうと、背骨にある中枢神経が上手く流れなくなり内臓機能が低下してしまいます。機能が低下することによって、脂肪燃焼の効果が下がってしまうのです。胸を前に押し出すような姿勢で歩くことが重要となります。二つ目のポイントは、歩幅を広くして歩くことです。歩幅を広げることで、太ももの筋肉消費をあげることができます。また、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの力をたくさん使うことで脂肪燃焼をあげて、カロリー消費を増やすこともできるのです。身長の40〜50%前後の歩幅で歩くように意識しましょう。三つ目は、腹式呼吸をおこないながら歩くことです。腹式呼吸をおこなうことで、内臓が刺激されて血行が良くなり代謝アップに繋げることができます。同時に、大きく前後に腕を振ることも意識しましょう。

【おこなう期間や時間帯】

三日坊主では、どんなに正しい方法でウォーキングをしても効果は得られません。しかし、毎日続けるのはただ歩くだけとはいえ、辛いものです。そこで、最低でも週に2日以上はウォーキングダイエットをおこなうリズムで取り組むのがベストとなります。気持ち的にもダイエットにも無理のない期間となるからです。また、最低でも3ヶ月は続けるという目標を持って取り組みましょう。おこなう時間帯は、朝であれば朝食前、夜であれば就寝の3時間前までにはおこなうように心がけましょう。

関連するまとめ

コンドロイチンのサプリメントが注目される理由について

CMなどでも「コンドロイチン」配合のサプリが多く販売されているのをご存知でしょうか。 その理由を探ってみます…

ボニー

鼻の黒ずみを除去する裏技を教えちゃいましょう!

どんなにスキンケアをしても、鼻の黒ずみを取ることができない人たちに向け、裏技を紹介するコラムです。

女性の味方

妊娠中に引き起こる辛い頭痛!実は頭痛には二種類のタイプがあるって知っていましたか!?

妊娠中、つわりの次にやってくる辛い頭痛。そんな頭痛には二つのタイプがあります。 そこで今回は、それぞれの頭痛…

筆人

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング