ダービーとは

東京競馬場の2400mで行われる、3歳馬しか出場することができないレースで、人間に例えれば高校3年の甲子園が近いでしょうか。

ダービーに勝つことは競馬関係者の間では最高の名誉とされ、かつてはディープインパクトやオルフェーヴルなどの名馬が栄冠に輝きました。
騎手では武豊が最多の5勝を挙げています。
皐月賞、菊花賞を含めた3冠レースの2冠目に当たり、勝利するには仕上がりの早さと2400mの距離をこなすタフさが求められる厳しいレースです。
今年のダービーは5月28日に行われます。

皐月賞組

ダービーが混戦となっている理由は、皐月賞の上位を人気薄の馬が独占し、力関係の見極めが難しくなっているためです。 9番人気の低評価を覆して皐月賞を制したアルアインは、短い距離のレースを中心に使われて来たためダービーでは距離が不安視されていますが、皐月賞は充実した内容で400mの距離延長をこなしても不思議はありません。

2着のペルシアンナイトはデムーロ騎手が後述のアドミラブルを選んだため、ダービーでは乗り替わりとなります。ダービーでは騎手が替わった馬は苦戦傾向にあるというデータを覆せるでしょうか。
3着のダンビュライトはどんなレースでも3着に来るユニークな馬です。ダービーでも3着に来てらしさを発揮するのでしょうか。
4着のクリンチャーは毎レース前評判を大きく超えるパフォーマンスを見せてきました。ダービーでも甘く見ていると一発があるかもしれません。
5着のレイデオロは久々ながらまずまずの内容でした。調子を上げてくるダービーでは期待が持てそうです。
皐月賞で人気を裏切ったスワ―ヴリチャードやカデナもダービーに向いたタイプで、捲土重来を狙っています。

別路線組

ダービーへの出走権を賭けた青葉賞とプリンシパルステークスを制した馬も有力視されています。 青葉賞で最後方スタートから早めに仕掛けて押し切るという規格外の勝ち方をしたアドミラブルは、勝ちタイムも優秀で一気にダービーの本命候補に躍り出ました。 過去青葉賞からダービーを勝った馬がいない点と、激しいレースの反動が不安材料ですが、史上初めて青葉賞馬がダービーを勝ち取るかもしれません。

プリンシパルステークスを完勝したダイワキャグニーは、東京競馬場で3戦3勝の相性の良さが魅力です。 皐月賞の1、2着馬と同じ厩舎で、この2頭よりも評価の高かったサトノアーサーは、皐月賞をパスしてダービーだけに狙いを定めてきた不気味さがあります。

1枠に注目

ダービーは異常に1枠の成績が良いレースとして有名です。 これはダービーの週に柵の位置が移動して、状態の良い内側の芝を通れるからだと言われています。 ダービーを予想するうえでは外せない要素なので枠順抽選にも注目です。

関連するまとめ

【5月20日】今日は何の日?ローマ字の日

5月20日はローマ字の日です ローマ字の日についてご紹介します。

イベント日和

目の健康対策に知っておきたいルテインのパワー

目の疲れに悩んでいる人が年々増えています。その原因はスマートフォンやパソコン、ゲームなどでディスプレイに向か…

つくくん

メタルヒーローシリーズ第4作『巨獣特捜ジャスピオン』の魅力とは?

『巨獣特捜ジャスピオン』は1985年3月から1年間放送された特撮ヒーロー番組で、それまでの宇宙刑事シリーズと…

茶々子

関連するキーワード

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング