①運動して心と体をリフレッシュ!

自律神経を安定させるためには、運動をして体を動かすことが有効とされています。自分の好きなスポーツを思い切り楽しめば、気持ちもすっきりしてストレス発散になるでしょう。あまり運動が得意ではないという人には、ウォーキングがおすすめです。背筋を伸ばしてしっかりと腕を振って歩けば、血液の循環がよくなり、体の隅々まで栄養素や酸素が届けることができます。適度なウォーキングは気分転換になるだけでなく、冷え性や肩こりを改善し、脂肪も燃焼して痩せやすい体を作ってくれるので、まさに一石二鳥ですね!

②ノートにストレスの原因を書き出して、心の中を整理整頓!

何か気がかりなことがあると、頭の中でそのことばかり考えてしまい、何をしていても楽しくない・・・そんな経験はありませんか?頭の中で考えてばかりいると、物事を悪い方向へ考えてしまいがちです。そんな時は一度ノートに、悩んでいることやストレスの原因となっていることを書きだしてみてはいかがでしょうか。書いているうちに気持ちが整理され、落ち着いて問題と向き合うことができるので、おすすめですよ。また、文字にすることで客観的に物事を見ることができるので、新しい視点が生まれ、思いもよらない解決策が浮かぶことも。つい考え込んでしまうクセがある方は、是非一度試してみてくださいね。

③呼吸法でリラックス!

イライラしたり緊張したりしている時は、無意識のうちに呼吸が浅くなっています。ゆっくりと深呼吸することで、脳の緊張をほぐし、気持ちを落ち着けることができます。最後に、自律神経を整える呼吸法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。まず、おへその下に空気を入れる感じで、鼻から空気を吸い込みます。下腹部いっぱいに空気が入ったら息を5秒間止め、その後10秒かけて口からゆっくり息を吐き出します。これを数回繰り返すと、イライラや緊張がほぐれリラックスできます。この呼吸法は、ストレスを感じた時はもちろんのこと、夜眠れない時にもおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか。

ストレスが続くと、肌が荒れたり体調が悪くなったり、心だけでなく体にもたくさんの悪影響を及ぼします。

上手にストレスを発散して、健康で明るい毎日を送りましょう。

関連するまとめ

まつげの育毛はケアが大切!!

まつ毛にダメージを与えないようにケアすることが大事です。 疲れていても毎日のケアを怠らないように。

flower

低気圧による体調不良に注意!原因と対処法

雨の日の頭痛や肩こり、関節痛に悩んでいませんか? 体のだるさや耳鳴りなども低気圧が関係していることが多いので…

gmkchoko

現役セラピストがお伝え!本当に身体が硬い人の特徴2つ

年間約1,400名施術している現役セラピストがお伝えする、身体が硬い人の特徴をまとめました。自分が当てはまっ…

ハムスター

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング