■風邪はひかない方がいい

風邪はひきたくないと思っていても、最後にはひいてしまうものです。風邪はひくと厄介なもので、なかなか治らず、仕事もはかどらず、家族からも嫌がられます。
風邪をひかないようにするには、どうしたらよいのでしょうか?実は、風邪には前兆があります。その前兆を見逃さないことで、風邪をひかずに済むことが出来るかもしれません。

■風邪の前兆の前兆がある

一般的な風邪の前兆は、のどが痛い、頭が痛い、鼻水が出る、節々が痛いなどがありますが、これはもう風邪の症状が始まっています。さらにその前に何かしらの前兆があるのです。良く観察してみましょう。
誰にでも、体にウイークポイント(弱いところ)があります。普段から腰が痛い、膝が痛い、おなかが痛くなりやすい、頭痛持ち、歯茎が腫れるなど、持病といかないまでも気になる点があるものです。この部分が、体調を崩し始めたとき、はっきりとした症状として出てきます。

■なぜ風邪をひくのか

今日はなぜか身体が痛いなぁとか、朝から調子悪いなぁというときは、身体が風邪に負けそうな状態になっているということです。
なぜ、わずかな変化で風邪の前兆がわかるかというと、体は常にウイルスや外敵と戦っています。風邪をひくときというのは、自分の体の抵抗力が落ちて、風邪に負けてしまったときです。特に冬は寒さや乾燥で体力を使ってしまい、身体は弱ってしまいます。それ以外にも、ストレスや疲労が溜まることで抵抗力が落ちますので、拮抗していた戦いにおいて、風邪が優勢になってしまうのです。

■まとめ

風邪は、体を休めてくれというサインです。身体の変化を見つけられたあなたは、栄養、休養をしっかりと取って、風邪をひかないように頑張りましょう。

関連するまとめ

まつげパーマのデメリットと育毛について

女性の化粧の一つにまつげパーマといわれるものがあります。 そのデメリットと育毛方法について調べてみました。

ボニー

老化防止、若々しくあるために!効果のあるアンチエイジングサプリメントとは?

アンチエイジングとは日本語では「抗老化」「抗加齢」という意味です。 加齢による体の衰えを少しでも少なくする…

女性の味方

あなたは間違っていない?正しいスキンケアの基本を伝授!

いつでも若くきれいでいたい・・・と思う女性にとって、スキンケアは、生活の中で食事や睡眠と同じくらい大切な要素…

つくくん

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング