パソコンを選択する際は、基本的に未来の自分がパソコンで何をやりたいのかを可視化することからスタートします。
つまり、1〜3年後の自分のやりたいことを明確化することで目的が具体化され、自分にとって最適な判断を下すことができると同時に最適なパソコンを選択購入できます。
例えば、動画編集・制作、画像から動画を作成したい場合はハイスペックなパソコンが必要ですし、メールと検索やネットサーフィンしかしない場合は激安パソコンも有力な選択肢になります。具体化された目的のため必須ソフトあるいは使用したいソフトを前提として、ソフトを動かすために必要なスペックが決定されていきます。

ビジネスライクなタイプには『Let’s note/Panasonic』

『Let’s note/Panasonic』

経営・マーケティング・会計などのビジネス型はオールラウンドプレーヤーでタフな
『Let’s note』シリーズを推奨します。

アーティスティックなクリエイティブタイプには『MacBook・MacBook Air・MacBook Pro/Apple』

『MacBook・MacBook Air・MacBook Pro/Apple』

デザイン・映像・出版などとにかくアーティスティックなセンスを重視するアーティスト型はMacBookシリーズを推奨します。
フォルムの美しさと薄さというハードウェアだけではなくフォント(書体)を含めたレタリングデザインにもこだわりがあります。
例えば、滑らかで美的なフォントを使いたい、デザインやレイアウトに合うようにフォントも変化をつけたいなどのニーズは明らかにWindowsでは体験できません。
私のユーザーエクスペリエンスに基づいての感想は、直感的に「楽しい・使いやすい」と感じる点を心地よく突いて、あらゆる操作で感じるスムーズさはまるでユーザーの人生を豊かにしてくれると言っても過言ではありません。
OS自体の機能や性能についてはWindowsOSもMacOSも基本的には大差はないです。
結論から言えば、どちらのOSを支持するのかは各ユーザーの用途や好みに左右されるところが大きいと考えられます。
文字の見え方が異なったり、画面構成やキーボード配列が異なるためにショートカットキーなどの操作方法でいくつか異なる点こそありますが、それは「慣れ」で解決すれば良いのです。

ライティング好きもしくはハイテクライクなタイプには『ThinkPad/Lenovo』『FMV LIFEBOOK UH/富士通』

『ThinkPad/Lenovo』

『FMV LIFEBOOK UH/富士通』

文章作成をよくするタイプにはキーボードの大きさと画面の見やすさは重要な点になります。
画面の大きさで言えば、10.1〜11インチが最低ライン、13インチ以上の方が作業は楽だと思います。
ただ、画面の大きさを最優先する場合はバッテリーの重さも含めて1.5㎏〜2㎏以下までが妥協ラインだと思います。
理由は、個人差あると思いますが2㎏以上の重さになると日々携帯するには負担になるからです。
画面は第一印象よりも長時間眺めていて目が疲れにくい感じがするかどうかという点が重要です。

関連するまとめ

開いているポートが無いかチェックできるWEBツール!

開いているポートが無いかチェックできるWEBツール!

専門君

フォロワー数の多い芸能人のバズツイートまとめ

フォロワー数の多い芸能人のツイートの中でもとくに人気のツイートをまとめてみました。

メリーゴーランド

長時間の読書もらくらく!目に優しい電子ブックリーダーってどんな端末?

初代iPhoneの登場からスマートフォンの進化は大変めざましいですが、最近は電子ブックリーダーと呼ばれるタブ…

sai

ボニー

よろしくお願いいたします。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング