季節の変わり目には体調を崩しがち

日本には春夏秋冬と、美しい季節の変わり目が存在します。春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬は、そして冬から春へ、という季節の移り変わりは、確かに日本の文化を豊かにしてきた特徴的な気候です。しかし、その四季の存在は、それだけ天候がころころ変わりやすく、またその節目に体調を崩しやすいということでもあります。今までに季節の変わり目に体調を崩したり、崩しかけた方も多いと思います。確かに季節の変わり目は寒暖差や天気、気圧の変化が激しい上に、服装による体温の調節が難しいくせに気温の変化が大きいため、対策がしづらいです。しかしそれでも、季節の変わり目に体調を崩したくない、という方のために、季節の変わり目に体調を崩さないための方法について説明します。

1.どうして体調を崩してしまうの?

ではまず、対策を立てるために季節の変わり目に体調を崩してしまう原因について考えてみましょう。先ほど申し上げた通り、季節の変わり目は気温、天気、気圧の変化が激しく、寒暖差も大きいです。その環境の乱高下が、人間の自律神経に大きな影響を及ぼすことが、体調不良の最も大きな原因になります。この自律神経は、活動時にはたらく交感神経と休養時、リラックス時にはたらく副交感神経の2種類で構成されており、循環、呼吸、体温・発汗の調整、代謝などを司っています。これらが乱れることにより、季節の変わり目の体調不良が発生するのです。

2.季節の変わり目のときに起こる症状

では、季節の変わり目にはどのような症状が起こるのでしょうか。引き起こされる症状の代表としては、頭痛、肌荒れ、眩暈、耳鳴り、倦怠感、眠気、集中力の低下、虚脱感、情緒不安定や腹痛などが挙げられます。

3.どのように対策すればいいのか

では、これらの症状に対してどのように対策すればいいのでしょうか。それには、以下の5つの対策方法が挙げられます。
まず第一に、睡眠時間を長くすることを心がけることです。睡眠中は副交感神経がメインになり、その状態が一定時間保たれることで自律神経のバランスが保たれるため、心身の調子を良い状態で保つことが出来ます。
次に、生活リズムを整えることです。生活リズムを整えることで、体内時計のバランスがよくなり、結果的に交感神経と副交感神経のバランスもよくなります。
第三に、リラックスできる時間を設けることです。半身浴やアロマなど、精神を落ち着ける効果のある行動を行うことで副交感神経をはたらかせ、心身を落ち着けることが出来ます。
その次に、運動の習慣をつけることです。毎日少しでいいので運動をしておくと、適度な疲労をつけて睡眠をより良いものにすることが出来、結果的に副交感神経の活動に繋がります。
最後に、栄養バランスへの配慮です。きちんと三食バランスの取れた食事をすることを意識すると、当たり前ですが疲れ知らずの身体が手に入ります。また、ビタミン、ミネラル、カルシウムはそれぞれ交感神経や副交感神経の調子を整えるのに必要な栄養素なので、意識して摂取するようにしましょう。

4.その他対策方法

上記のようなことをするのが難しい、する時間がない……という方々向けに、より簡単に出来る季節の変わり目対策をお教えします。
まず第一に、身体を冷やさないことです。寒暖差が激しいといいましたが、人体に良くないのは寒、つまり身体が冷えてしまうことです。冷えは体調不良の最も大きな原因のひとつなので、意識して身体を冷やさないようにしましょう。特に夏から秋にかけては気温が上がらないため、対策をしないとそのまま風邪をひきやすくなってしまいます。
第二に、就寝の1~2時間前に入浴することを心がけることです。入浴は発汗作用を高め、冷えを改善するのに最も良い手段です。しかし、入浴には交感神経を刺激し興奮効果もあるので、睡眠の直前には向きません。なので、睡眠の前には入浴は控え、寝る1~2時間前にお風呂に入って少し神経を落ち着かせてから睡眠をとることを意識しましょう。

関連するまとめ

近視レーザー手術とは!!

心配なことや不安なことあると思いますので、必ず手術を受ける前に担当医としっかり話し合って決めてください。

flower

自分でできる脇毛の脱毛方法!!

今回は女性なら悩む脇毛やムダ毛の脱毛方法をご紹介致します。

1週間足痩せプログラム!きゅっと引き締まった足にする簡単トレーニング

1週間足痩せプログラム!きゅっと引き締まった足にする簡単トレーニング! 誰でも簡単にできて続けやすい効果的な…

女性の味方

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング