「連休疲れ」とは

楽しいゴールデンウィークや夏休みが終わると、また毎日の仕事や学校、通勤通学が待っています。これだけでも大変憂鬱なものですが、それにしても、連休で休んだというのにいつにもまして疲れてしまっているような気がしていたりはしませんか? それは実は「連休疲れ」なのです。考えてみれば、連休明けと共になぜか身体がだるかったり、調子が出なかったりすることはよくあることだと思います。それが原因で、身体と気持ちのバランスが取れないなどのことが起きることもあるでしょう。このままいつもの仕事や生活に戻るのは非常に負担になります。そこで、そのような「連休疲れ」を感じてしまっている人、或いは感じたことのある人に向けて、「連休疲れ」の原因や対策を説明していきます。

どうして「連休疲れ」になってしまうのか

では、どうして「連休疲れ」になってしまうのか、というところから説明していきます。「連休疲れ」の原因はいくつかあるので、順を追って説明していきます。
まず第一に、連休での外出での疲労が直接「連休疲れ」になるというものです。連休中での旅行などで、休んでいるつもりが逆に疲れてしまっている場合はこれが原因になります。
第二に、連休中に生活リズムが乱れてしまった場合です。連休中は明日も休みだ、という理由や、旅行中のパーティなどでついつい夜更かしをしてしまいがちです。そのせいで寝不足になったり生活リズムが狂ったりして、結果的に体調を崩したり調子が出なくなってしまいます。
第三に、連休中に、いつもと違う食事をすることで、食生活や栄養バランスが崩れ、胃腸の調子が狂ってしまいいつもと調子や感覚が狂ってしまう、ということが挙げられます。
これらのことがそれぞれ原因になり、また複合的に効果したりして「連休疲れ」が発生するのです。「連休疲れ」をこじらせると、五月病や、他の症状の原因になる可能性もあるので、注意が必要になります。それら「連休疲れ」によって発生する可能性のある悪影響については後述します。

「連休疲れ」への対処法

では、このような原因で「連休疲れ」になってしまった場合、どのように乗り切ればいいのでしょうか?
第一に、上記に挙げた原因を改めることです。ですので具体的に言えば、睡眠時間を確保し生活リズムを直し、胃腸にやさしい食事を意識し、休息時間を確保することです。
これが1番の近道で、早く「連休疲れ」を直したい人はこの手法をとりましょう。
第二に、連休明けに予定を入れすぎないことです。これにより「連休疲れ」にさらなる疲労を重ねることを防ぎ、休息の時間をもつことが出来るようになります。
第三に、なるべくお酒を控えることが挙げられます。お酒による肝臓の負担は全身の疲労感や倦怠感を増長させ、また飲み会による生活リズムの崩壊も懸念されます。なので、なるべくお酒やお酒を飲まなければいけない機会を減らしましょう。
他にも、長期休みのスケジューリングの際に、最後の1日を何もしない休日として確保しておく、または連休の最後に余計に1日休みを取っておき、休息にあてるなどの対策も立てることが出来ます。

「連休疲れ」の悪影響

では「連休疲れ」を引きずってしまうと、どのような悪影響が出てしまうのでしょうか?具体的に説明します。
例を出せば先述の五月病や、単純な疲労による風邪や節々の痛みなどがあげられます。他には、睡眠不測による生活リズムの乱れや、食欲不振なども考えられます。また、これらの症状を抱えて仕事や学校などの活動をすることで更に集中力の低下や虚脱感など、他の症状を引き起こしてしまうこともあります。
このように「連休疲れ」を引きずってしまうと、さらに継続的な体調不良を招きかねないので、なるべく早めに対処するようにしましょう。
また、具体的な薬などで治療の出来ないものであるので、ついついエナジードリンクなどに頼ってしまいがちになることも悪影響として挙げられます。

関連するまとめ

妊活中の人におススメ!自宅で出来る妊活ストレッチとは

妊活をしながら、仕事も頑張っている方も多いのではないでしょうか。 そんな、忙しいあなたに、自宅で気軽にできる…

女性の味方

ダイエット中食べたくなった時必見!食べたい衝動はこう乗り切る!

ダイエット中に起こりがちな食べたい欲求に駆られたときの対処についてまとめています。

マトリックス

ハンドクリーム・ボディクリームの使用期限は?気になる活用法も

冬の乾燥した季節に欠かせないハンドクリームとボディクリーム。 実は使用期限があるのを知っていますか?

筆人

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング