すぐに酔わないようにしたい!

学生であろうが社会人であろうが、今の時代は、コミュニケーションの場として飲み会がついてまわる時代です。男性も女性も関係なく、沢山の飲み会に参加させられることでしょうが、そこでなるべく酔っ払いたくないという方も多いかと思います。しかし、運転するのでもなければお酒を飲まないのがノリが悪いだとか、わかってないと扱われてしまい、お酒を飲まないという選択肢がないというのも事実です。そこで、この記事ではお酒を飲む際に出来る、なるべく酔わないお酒の飲み方を紹介します。

1.水を飲む

基本的なことですが、やはり水分を取るのはお酒を飲む際に1番やっておきたいことです。出来ればお茶やジュースより普通のお水を飲むのが良いです。何故水を飲むと酔い辛くなるかというと、アルコールの分解には大量の水分が必要なため、それに追いつく量の水分を摂取しておくと、アルコールの分解がしっかりと行われて、身体に残留しにくくなるためだからです。飲む量の目安としては、飲んだお酒と同じ量の水分を取ると、アルコールの分解に利用されるのに十分な量を摂取できるので、その程度の量を意識しましょう。これはお酒を飲み終わったあともそうですが、チェイサーとしてお酒を飲んでいる最中に飲むお水も含まれます。なのでタイミングを問わずしっかり水分を取っておきましょう。

2.おなかを一杯にしておく

胃が空っぽのままだと、胃がダイレクトにアルコールを吸収してしまい、すぐに酔っ払ってしまいます。そのような事態を防ぐために、ある程度おなかを一杯にした状態でお酒を飲むようにしましょう。お酒におつまみがつきものなのもこれが理由です。また、食べ物によってはアルコールの分解に有用だったり、アルコールによって体外に排出されてしまったり、失われてしまう栄養素を補充することが出来ます。特にミネラルやビタミンはアルコールで失われがちなため、それを含む食品を意識して食べるのがいいでしょう。他にもたんぱく質を含んだ食品も有効です。
満腹にならなくとも、すきっ腹でお酒を飲まない、というのを意識するだけでもあまり酔わなくなります。

3.ちゃんぽんしない

ちゃんぽんとは、複数の種類のお酒を飲むことです。一般的にはちゃんぽんをすると酔っ払いやすくなる、悪酔いしやすくなるといわれていますがこれは事実で、ちゃんぽんをするのはあまり良くないことです。これは何故かというと、アルコールの吸収や分解はちゃんぽんとあまり関係ないのですが、やんぽんをするとお酒の味が変わるのでついつい飲み過ぎてしまったり、自分がどれくらい飲んだのかを把握しづらくなるためだからです。また、当たり前ですがお酒によってアルコールの度数は異なるため、自分が摂取したアルコールの量も把握しづらくなります。ですのであまりちゃんぽんはせず、1~2種類のお酒を飲むのにとどめておくのが良いでしょう。

4.一気飲みをしない

一気飲みをすると、アルコールが身体に急速に吸収されてしまい、すぐに酔っ払ってしまいます。なので、一気飲みはせず、ペースを守って飲むようにしましょう。お酒を飲むのが早い人がいるとハイペースになってしまいがちですが、なるべくそうならないように意識し、自分が酔わないペースを把握しつつしそれを徹底しましょう。先ほど述べたおつまみの食事もここでペースを上手くコントロールする効果も持っているので、食べるのと飲むのをバランスよく行うのが酔っ払わないためには有効です。また、飲み会に同席している人がお酒をすすめてきたり、もっと飲むように煽ってきても極力断るようにするのも大事です。1度自分に最適なペースを把握しておけば、以降の飲み会でもそれを守ることで酔わないように出来るので、自分のペースをしっかりと把握しておくのも酔っ払わないコツであす。

関連するまとめ

年齢肌の改善は洗顔の見直しから始めて欲しい!

肌悩みの原因と解決方法について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

スカッとじゃぽん

ダイエットベルトは、ダイエットをサポートする便利なアイテム

ダイエット成功のポイントは、無理をしすぎないことです。 ダイエットベルトは痩身効果を促進する便利なアイテムで…

ハムスター

ピーリングジェル使用のメリット

ピーリングジェル効果は、乾燥肌の角質を整え、毛穴の汚れをきれいに取り除くことです。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング