■お金も職もなくなった――そんな時の緊急避難

派遣会社の中には、登録をしておくと、一週間から一日程度の超短期で働けるところがあります。
仕事をしていないのに急にお金が必要になったという場合に、そういうところで働けると便利ですね。
仕事にもよりまずが、一日働いて五千円~八千円を得ることができます。
派遣会社によりますが、働いた翌々日にはお金が入るというところが多いです。

■日雇いって労働者派遣法違反じゃないの?

日雇い派遣は労働者派遣法で原則的に禁止されています。
これは起業が日雇いをメインに使うようになって、他の就業者の安定雇用をしなくなるのでは、という危惧から作られた法律でした。
ただし、世帯年収が500万以上だとか、昼間学生であるとか、65歳以上の老人であるなどの例外規則に入っている人は日雇い労働をすることができます。
でも、年収が高い人が副業で日雇い労働をする必要なんてありませんよね。
派遣会社は労働者派遣法をうまくかいくぐるような手続きを使っていますので、条件に当てはまらない人でも実質日雇い労働をすることが可能になっています。

■単調な仕事が多く、将来性はない

日雇い派遣の現場でやらされる仕事は基本的に単調なものです。
また、現場によっては派遣に対してつらく当たるような雰囲気のところもあります。
バイトやパートよりもさらに低い地位なので、居心地が悪く感じることも多いでしょう。
ただ、日雇い派遣にとって責任というのはないようなものなので、何を言われても気にしない気持ちが大切ですね。
また、長く続けても何か技能がついたり、昇給したりということはありません。
人生の窮地を一時的に凌ぐためには一つのいい方法ではありますが、長くやる仕事ではありません。
余裕ができれば、日雇い以外の働き方を探したほうが賢明です。
あくまで人生の緊急避難と考えましょう。

関連するまとめ

お金を返さない人の困った心理は3つ―「お金を返さない自分に、ゆがんだ自己満足を感じて…

中にはうっかりで借りたものを返さない人もいますが、明らかにお金を返そうという意志が見られない、または返さない…

【利用者急増!?】主婦や学生の簡単キャッシング

様々な利用者が増えてきているキャッシングの実態についてまとめてみました!

青い彗星

過払い金って何?どうやって請求するできるの?

借金をしている人達、みんなに発生する可能性がある、過払い金の概要について取り上げていきたいと思います。

スカッとじゃぽん

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング