【小学生】

【小学生】

低学年は500円、高学年は1,000円、中学年はその半分の額が多いようです。
ただ、低学年では定期的にもらうというよりも、ときどき100円といったような渡し方が主流。
学年が上がるにつれて、学年×100円のように増えていく方法を取っているご家庭も多いようです。
外で遊ぶ機会が増え、カードゲームやおもちゃ、お菓子などの「交際費」に使われるようです。
中には、小学生のうちから貯金をしている子もいるみたいですよ!

【中学生】

【中学生】

平均1,500円前後で渡しているご家庭が圧倒的なようです。
この中には、スマホ代や部活動の食事代、外出費は含まれません。こちらは別途、ご家庭で負担しているようです。
中学生のおこづかいは、あくまで「交際費」。
反抗期でもありますので、外出する際の必要経費は相談するかたちをとっているご家庭が多いです。
中学3年生になると塾に通うお子さんも増えるので、増える傾向のようです。

【高校生】

【高校生】

高校生になると、スマホなどの通信費は自分のおこづかいから賄うケースが多くなる為か、5,000円以上。
部活やバイト、進学の有無によって必要な額が変わってきますので、
金額はお子さんと相談して決める方法を取っているご家庭も多いようです。

中高生になると、小学生の頃のように「自分」につかうのではなく「友達」との交際に使うことが増え、
使い道に大きな変化が表れているんですね!

おこづかいは、本当に必要なモノは何かという判断力がつき、経済感覚も身につきます。
が、お金に関する感覚は家庭によって違いますし、経済力によっても左右されます。
平均はあくまで参考にし、そのご家庭・お子さんにあった金額を話し合ってほしいと思います。

中学生のお小遣いの金額は?相場や制度などについて

出典:YouTube

お母さん向け、お子さんのお小遣い教育のお話(「おこづかい」が子供の人生を変える)

出典:YouTube

関連するまとめ

実践!無理ない節約術と貯蓄術のススメ!!

お金の貯め方と、その貯めたお金の使い道として、お金にも働いてもらうべく、投資に関して話しをまとめました。

あり

スマホを持ち歩くだけでトクする無料アプリ2選!

スマホでは、色々なアプリをインストールできます。ゲームで遊んだり、仕事用の便利なアプリを利用したり多種多様な…

rrra

塵も積もれば山となる!家でできる主婦のコツコツ節約術

主婦は家庭を守るのが仕事!と、よく言われます。 節約をして家計をやりくりするのも大切な役目ですよね。 節約と…

TKG

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング