■2000系

■2000系

2000系は1977年に導入された通勤型車両で、これまでドアの数を片側3扉としていたのが主流であった西武鉄道において、初めて4扉を採用し混雑緩和と乗降時間短縮に貢献した車両です。
この2000系以降、西武鉄道の通勤電車は基本的に4扉車が主流となったことからも、この2000系が今の西武鉄道のスタイルを築き上げたといっても良いかもしれません。

また、この2000系は製造時期で前期車と後期車に分けられており、電車の顔のデザインが異なっているのも特徴です。後期車は「新2000系」とも呼称されたりします。

そんな2000系ですが、支線区を除くと実は西武鉄道で最も古い車両となっており、特に前期車を中心に廃車が進行しています。
前期車の運行区間は西武新宿線系統(新宿線・拝島線・多摩湖線・西武園線・国分寺線)で運行されています。
現在、西武鉄道では新型車両40000系が投入されており、今後も玉突きで老朽化した2000系の廃車が行われるかもしれません。

■新101系

■新101系

101系は1969年より製造された西武鉄道の通勤型電車で、このうち現在も活躍しているのは1979年以降に製造された「新101系」という車両です。現在は支線の多摩湖線と、西武鉄道の飛び地路線である多摩川線で使用されており、現在となっては唯一の片側3扉の形態を保っている車両です。
そんな新101系ですが、先述した2000系は古いながらも今も通勤車両の主力として活躍する反面、こちらは支線区のみの活躍で、さらに西武鉄道では最も古い車両ということで廃車が進行、地方私鉄への譲渡も行われています。

現在、新101系の直接の置き換えは中断されているものの、先の2000系の状況によっては、支線区への投入も考えられるため予断を許さない状況なのは確かです。

■10000系

■10000系

10000系は特急「レッドアロー」の愛称で活躍する西武鉄道の顔とも言える車両です。
現在は池袋線の特急「ちちぶ」(池袋~西武秩父間)、「むさし」(池袋~飯能間)、新宿線の特急「小江戸」(西武新宿~本川越間)に使用されるほか、西武ドームでの野球開催時に運行される臨時特急「ドーム」にも使用されています。

また、西武ドームでの野球以外のイベント開催時の臨時列車にも使われるほか、かつて2007年には天皇・皇后両陛下とスウェーデン国王・王妃一行がご乗車されたお召列車にも使用された経歴があります。

そんな西武特急の顔ともいえる10000系ですが、実は主要機器類は廃車となった旧101系や先代特急車両の5000系から流用されており、機器によっては50年近く使用されているものがあるなど、システム面では非常に古いものとなっています。
このため、西武鉄道では2018年度より新型特急車両の投入が発表されており、これにより10000系は置き換えられることが予想されます。

現在、西武鉄道で引退が計画、もしくは引退がささやかれている代表的な車両は以上です。
特に特急車両の10000系「レッドアロー」は具体的な置き換え計画があるので、近い将来には消滅が確実です。
今のうちに乗るなり撮るなり記録されることをオススメします。

私鉄電車(11)西武鉄道:ニューレッドアロー/スマイルトレイン/2000系/4000系/6000系/7000系/9000系/10000系/20000系/30000系 他

出典:YouTube

西武鉄道 2015 現行車両 大特集 / All trains of Seibu Railway 2015

出典:YouTube

関連するまとめ

精巧に作られた「騙し絵」がすごい! 見ていると不思議な気持ちになってくる(笑)

見ていると頭が混乱しそうになる「騙し絵」。有名な騙し絵のひとつに、エッシャーの「無限ループ階段の絵」がありま…

多岐にわたるULTRA HD ブルーレイ対応機器

ブルーレイディスクの次世代規格ULTRA HD ブルーレイは対応機器が出揃いつつあります。それらをピックアッ…

rbkg

清水富美加の出家

芸能ニュース 清水富美加の出家騒動、 損害額は10億円超えになる可能性も?

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング