テレビで見たけどあの駅弁一度は食べてみたい、おいしかったあの駅弁また食べてたい、と思わせる駅弁3つについてご紹介します。

あなごめし(広島県・宮島口)

「あなごめし うえの」が作っている『あなごめし』は、米の商いを営んでいた上野他人吉(たにきち)が明治34年に宮嶋駅で販売したのが始まりです。
穴子のアラで炊き込んだ醤油味のご飯が特徴で、このご飯の上に穴子がびっしりと敷き詰められています。
シンプルですが、深い味わいとボリュームたっぷりの穴子は絶品です。
創業から110年を超える年月守り続けられてきた味を、風光明媚な宮島でいただくのも旅の楽しみの一つになります。

また宮島に向かうフェリーの中で食べるのも良いかもしれません。
宮島口駅近くのうえの本店で買うことができます。
予約しておくとスムーズに買えるようです。

牛肉どまん中(山形県・米沢)

『牛肉どまん中』は、大正10年に米沢で菓子店として創業し、昭和32年から駅弁販売を始めた「新杵屋(しんきねや)」が作っている駅弁で、1992年の山形新幹線開業にあわせて販売を始めました。
山形県産米「どまんなか」を炊いたご飯の上に、特製のタレで味付けした牛そぼろと牛肉煮をのせた牛丼風弁当です。
おいしい秘密は、和菓子屋のノウハウを活かした独自製法のタレで、牛肉の旨みを引き立てています。

おかずには、小いも煮、人参煮、にしん昆布巻き、かまぼこ、卵焼き、桜漬が入っています。
販売されているのは、米沢駅前の新杵屋本社工場直売店、山形新幹線車内販売、米沢駅、赤湯駅、山形駅、東京駅、上野駅、大宮駅、仙台駅、福島駅です。

えび千両ちらし

『えび千両ちらし』は、「新発田三新軒」が作る駅弁です。
弁当を開けると、一面を覆った厚焼き玉子が登場します。
厚焼き玉子をどけると、その下にはうなぎの蒲焼、酢で〆たこはだ、蒸し海老、一夜干しのいかが現れて、更にその下にすし飯が敷かれています。
なかなか遊び心に溢れた駅弁で、楽しく食べることができます。
新潟駅と東京駅で販売されています。

関連するまとめ

ネットで調べたフライパンで簡単!石焼ビビンバの作り方!

今回ここでご紹介するレシピは、フライパンで非常に楽チンにつくれる料理でお焦げもとっても美味しい石焼ビビンパで…

ペニー

「カクテルの第一歩・ジンの種類について」

お家でカクテルを作るときには必ずと言っていいほど購入されるジンのおすすめ銘柄を紹介しています。

rrra

ひと手間加えるだけ!絶品「豚汁」の作り方

寒いとき、疲れた仕事帰り。飲むとほっとする豚汁。実はちょっとした手間を加えることで絶品料理に変わるって知って…

rrra

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング