入店から注文まで

入店したら、まず人数を伝えましょう。

入店したら、まず人数を伝えましょう。

接客英語をカッコよく!「おもてなし English レストラン・飲食店編」

出典:YouTube

例:二人です。
We are group of two.
(ウィア グループ オブ トゥー)

席についたら、いざ注文です。

例:このパスタをスープ付きでください。
Can I get this pasta with suop?
(キャナイ ゲッ ディス パスタ ウィズ スープ?)

この”Can I get~?”は、「~をください」というどこでも応用できるフレーズなので覚えておくとよいでしょう。
もし料理をみんなでシェアしたい場合は

例:今から注文するものはみんなで分けて食べます
We are sharing the all meals
(ウィア シェアリング ディ オール ミールズ).
と最初に伝えると、店員さんは取り分け用のお皿を持ってきてくれます。
また海外のレストランでは、注文をする際日本のように「すみませーん!」と店員さんを呼ぶことはあまり行儀よく思われません。テーブルごとに担当のウェイターやウェイトレスが決まっているので、その担当の人が来てくれるまで待ちましょう。

食事中

食事の最中に、”How is everything?”と、お店の人が様子を伺ってきます。このときに何も問題なければ以下のフレーズを店員さんに伝えましょう。

食事の最中に、”How is everything?”と、お店の人が様子を伺ってきます。このときに何も問題なければ以下のフレーズを店員さんに伝えましょう。

レストラン英会話☆上級者編! // Restaurant English〔#360〕

出典:YouTube

例1:問題ないです
All good.
(オール グッ)

例2:最高!
Awesome!
(オゥサム!)

もし料理が残ってしまい、それを持ち帰りたい場合は

例1:持ち帰り用の箱ありますか?
Do you guys have a to-go box?
(ドゥ ユー ガイズ ハブ ア トゥゴー ボックス?)

例2:こちらを包んでいただいて良いですか?
Could you wrap them?
(クッジュー ラップ ゼム?)

と伝えましょう。海外では持ち帰りは当たり前で、料理が余ったらほとんどの人が持ち帰ります。なので、恥ずかしがる必要はありません!

お会計

海外のレストランでは、基本的にテーブル会計となります。

海外のレストランでは、基本的にテーブル会計となります。

すぐに使える英語『レストラン編』

出典:YouTube

例:ひとりずつ別会計にしてください
Could you split the bill?
(クッジュー スプリッ ダ ビル?)

例:マスターカードは使えますか?
Do you guys take Master card?
(ドゥ ユー ガイズ テイク マスターカード?)

例:どうぞ、お釣りはいりません
Here you are. Keep the change.
(ヒァ ユァ、キープ ダ チェィンジ)

皆さんご存知の通り、海外ではチップを払わなくてはいけない国がたくさんあります。
よほど悪い思いをしない限り、最低でもお会計の10%~20%のチップを支払うようにしましょう。

海外のレストランは、気さくな店員さんがほとんどです。相手は私たちがネイティブではないことを理解してくれます。たとえ英語を完璧に話せなくても、皆さんきちんと聞いてくださるので安心してください。

そしてお店を出る際には、Thank you!と言って出るのを忘れずに!

そしてお店を出る際には、Thank you!と言って出るのを忘れずに!

リサの英会話レッスン3 「レストラン編」 (English Lesson) [Myハワイ]

出典:YouTube

関連するまとめ

海も山も!大自然の恩恵をたっぷり満喫する富山旅

いかがでしたか?心が洗われるような、海と山の良いところが詰まった富山の旅。都会の喧騒から離れ、大自然の恩恵を…

flower

豊かな自然の恵みと歴史を堪能出来る島!佐渡島

佐渡島と言えばトキが有名ですが、江戸時代は金の産地として知られ、現在でも特徴的な地形や気候から自然の恵みを堪…

旅人

ペルシア絨毯だけじゃない 魅力あふれるイランの絨毯

イラン(ペルシア)の特産品といえば何といってもペルシア絨毯ですよね。その繊細な模様と時間をかけた織物は芸術品…

なおさん

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング