捨てるより、売る方がいい

家族が増えたり、子供が大きくなったり、引っ越しをしたりと、人生の節目では何かと不用品が出てくるものです。子供が大きくなれば、おもちゃや子供服、引っ越しすれば家具や衣類、リフォームや買い替えなどで、大きなものの処分に困ることでしょう。
粗大ごみに出すと処分費用がかかります。テレビ、冷蔵庫やパソコンなどは、リサイクル法があり、勝手に捨てられません。そんなときは、売ることを考えてみてください。

売れるものは高く、より高く

まずは、高く買ってもらえるものがあるか見てみましょう。
貴金属やブランドもの、プレミアがついているものは、問答無用で買ってくれるところがあります。また、ゲームソフトやスマートフォンなども専門の買取店があります。いろいろなお店で値段を聞いて、高いところで賢く売りましょう。
次に、リサイクル店で売るパターンです。リサイクル店で売っているものと同じようなものは買い取ってくれます。電気製品やゴルフクラブ、釣り竿から、おもちゃ、衣類、バッグに本なども買ってくれます。かなり安く買われてしまいますが、捨てるよりましという気持ちで売りましょう。でも、意外と買ってくれない物も多いのです。

最後は謙虚に、持って行ってくれれば助かります

最後に、ネットの力を借りましょう。やる気があれば、オークションで売るのも手です。ほとんど売れないと思いますが、意外と高く売れる時もあります。
実は、ネットで探すと、融通の利くお店がいくつか出てきます。大量におもちゃや衣類がある場合は、連絡すれば段ボールを送ってくれて、それに詰めて着払いで買い取ってくれるところもあります。町のリサイクルショップでも買ってくれない物も、意外と良い値段をつけてくれたりしますので、初めからネットで引き取ってもらう作戦もありです。

まとめ

めんどくさがり屋のあなたは、ある程度の量があり、近くに出張買取があれば、来てもらう方が早いです。買い取れるものを持って行ってもらい、あとはネットで頼んで宅急便で送っての処分方法をお勧めします。

関連するまとめ

格安SIMはLINEモバイルがオススメ!

格安SIMはLINEモバイルが良いとよく聞きますが、どんなところが良いのかをまとめてみました。

rbkg

子どものいる家庭に!コルクマットのすすめ!

集合住宅に暮らす家庭で子どもがいると気になるのが、騒音の問題ですよね!そんな悩みにおすすめなのがコルクマット…

暮らし生活の知恵

発売からもうすぐ100年。カルピスを生んだ三島海雲が掲げた「国利民福」って!?

1919年7月7日の七夕に発売されて以来、国民的人気を誇る 「カルピス」。カルピス産みの親である三島海雲氏の…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング