【そもそも、厄年とは?】

【そもそも、厄年とは?】

・厄年
昔から日本には、災いが降りかかりやすい年齢というものがあり、その年齢になった年を「厄年」という風習があります。
厄年は男性と女性で年齢が異なります。数え年で男性は4歳、13歳、25歳、42歳、61歳といわれ、女性は4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳と言われています。
数え年なので、実際の年齢は1歳引いた年が、厄年になります。
特に最も災いがひどくなる、と言われているのが大厄といわれる年齢で、男性は42歳、女性は33歳(数え年)になります。
この場合厄年は1年で終わらず、大厄の1年前を前厄、1年後を後厄といって、合計3年間は災いが降りかかる、と言われています。

【厄年になったらどうすれば良い?】

【厄年になったらどうすれば良い?】

多くの人は神社にお祓いに行きます。神社にいくと「厄除け」などののぼりや、お守りなどを見ることがあるかと思います。神社は結婚式や初詣、七五三などの場合だけではなく、その年が厄年だ、といった場合に厄を振り祓うためにもいくことになります。
そこで御祈祷をしてもらいます。神社にもよりますが、通常は5000円~10000円ほどの費用がかかります。

【でも、本当にそこまで災いが降りかかるものなの?】

【でも、本当にそこまで災いが降りかかるものなの?】

しかしながら、実はこの厄年には科学的根拠はありません。42歳は(死に)、33歳は(散々)、という語呂合わせのためにその年齢となっている、という話もあります。また、この厄年という風習は日本古来からずっとあり続けるものですが、日本人自体は昔から比べると平均寿命や生活スタイルも変わり、昔の42歳と現代の42歳では大きく異なります。
なので、必要以上に気にする必要はありません。前向きに明るく生きることが大切だと思います。

いかがでしたでしょうか?
科学的根拠がない事由について信じるか信じないかはあなた次第ですが、占いやおまじない等、人を前向きにするような事も多くあります。
人生山あり谷あり、それもまた一興かと思います。

厄年や大殺界、八方塞がりの過ごし方 運気の悪い年回りを好転させる方法

出典:YouTube

厄年とは 厄年について江原啓之が語る

出典:YouTube

関連するまとめ

断捨離してスッキリした生活を維持するコツ!

物を処分する基準は「ときめくか」ではなく「明らかに使う予定があるか」です。

女性の味方

妊娠中の体重増加!妊婦さんでもできる運動法は?

妊娠中ってどうしても甘いものが食べたくなりますよね。妊娠中は赤ちゃんの分もとばかりに食欲が旺盛になります。そ…

sai

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング