いつでも若くきれいでいたい・・・と思う女性にとって、スキンケアは、生活の中で食事や睡眠と同じくらい大切な要素です。

今回は、より効果の高いスキンケア方法について、基本的なやり方をまとめました。

化粧水は手で付ける

化粧水をコットンを使ってつけている方は多いと思います。
ですが、化粧水は手で付けることをおすすめします。

コットンの素材によっては、自分の肌質に合わなかったりする場合もありますし、力加減を間違えて繊細な肌表面を傷つける恐れがあるからです。

自分の手を使うことで、お肌にもやさしいですし、肌に直接触れることで肌の状態(柔らかさやかさつき等)を把握することができるのです。

また、ひと肌に温かい手を使うことで、化粧水の浸透力もアップしますよ。

保湿は何より大切なスキンケアの工程、乳液は必須!

べとべとするのがいや、等の理由で乳液をスキンケアの工程から飛ばしていたりしませんか?

保湿をおろそかにすると、肌が水分量が足りないことに危機感を感じ、油分の分泌が進んでしまします。
肌の水分・油分のバランスを保つためにも、保湿はスキンケアの中で何よりも大切な工程なのです。

化粧水はあくまで肌の調子を整える役割であり、肌の保湿をする役割があるのは乳液です。


乳液は惜しみなく、たっぷりと使うようにしてください。
なにも洗顔後だけ、と決めずに、おうちにいるときなんかは気が付いたときに乳液をつけて常に肌が保湿されている状態を保ってあげるのもいいですね。

顔の肌に触れるものはすべて清潔第一!

化粧水や乳液をつける手は、もちろん清潔であることが大前提です。

気を付けたいのが外出時です。
つい顔を触ってしまったり、頬杖をついてしまったりすることはありませんか?
外出時は携帯を触ったりエスカレータの手すりにつかまったりと手の表面が汚れる機会が多くあります。
自分の顔に触れていいのは手がきれいな時だけ!と決めて、外出時は顔が手に触れるのをぐっと我慢しましょう。

また、スキンケアはばっちりでもそのあとのメイクにも落とし穴があります。
それはパフやブラシです。
パフやブラシが清潔でないと、せっかくのスキンケアが台無しになりますよ。
せめて一週間に一回は洗う習慣をつけましょう。

関連するまとめ

【乾燥肌の女性必見!】ベビーオイルのクレンジング方

赤ちゃんが安心して使える、赤ちゃんのための保湿オイル。けれど、意外と使わないまま残ってしまっているベビーオイ…

あり

肥満に効く漢方!防風通聖散のダイエット効果

防風通聖散という漢方はダイエットをしている方にとても効果的な漢方として知られています。そのメカニズムについて…

flower

【ダイエット健康商品】人気の豆乳と寒天

ダイエット健康食品の人気上位の食品といえば豆乳と寒天ですよね。この豆乳と寒天の特徴のとはなんでしょうか?人気…

青い彗星

関連するキーワード

つくくん

できるだけ皆さんに役立つ知恵をまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング