2017年夏発売予定のシビックは7年ぶりにタイプRではない通常のタイプ限定ではない販売方式で販売されます。

シビックがどんな車かまとめました。

シビックセダン

全長4630mm、全幅1800mm、全高1420mmというサイズを持ち、174馬力の1.5リッターターボエンジンを搭載し、変速機はCVTとなる予定です。

予防安全装備としてHonda SENSINGが装備可能で、ヘッドライトはインライン式LEDヘッドライトとなる予定です。

シビックハッチバック

全長4520mm、全幅1800mm、全高1435mmというサイズを持ち、特に全長がクラスの近いアクセラやインプレッサのハッチバックモデルよりやや大きいサイズとなっています。
ホンダの事前広報や海外で販売されている仕様から見て182馬力の1.5リッターターボエンジンが搭載される可能性が高いです。
1.0リッター130馬力ターボエンジンについてはしばらくは導入されないでしょう。5ドア車となっています。
安全装備やヘッドライトはシビックに準じるはずです。

大型ガラスルーフの設定がヨーロッパ仕様にはありますが国内導入は広報などを見るになさそうです。

シビックタイプR

現在どの国でも市販されていませんが、シビックハッチバックをベースにした外観は発表されており、サイズはシビックハッチバックよりスポイラーなどの装備でやや大型化するでしょう。
エンジンは2.0リッターターボエンジンが搭載され、320馬力ものパワーを誇り、変速機は6速マニュアルとなります。
色は少なくともシビックタイプRのイメージカラーチャンピオンシップホワイトの設定は確定的で、ガンメタリックが各種広報に掲載されているためこちらも導入されそうです。

関連するまとめ

中古車を購入する際に気をつけたいポイント!

自動車の中古車販売が広く行われている中で、購入の際に気をつけたいことを紹介します!

筆人

最近小さな人気を誇るサバイバルゲームとは?

最近、テレビなどでも取り上げられているサバイバルゲームとは、なにかについてまとめてみました。

冒険王

FACEBOOK・Instagram・Twitterの違いって何だろう?

スマートフォンが普及し、現在SNSを使用してる人がたくさんいます。 三大SNSの違いやさまざまな特徴をまとめ…

ハムスター

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング