1.子育て教室に問い合わせる

私の住んでいる地域では市の子育て教室で月にいちど幼稚園に入る前くらいの子供を対象にした英語教室をやっています。いちどのぞいたところ、アメリカに長く住んでいらっしゃった日本人の先生が子供たちと一緒に英語の歌をうたったり、おどったり、絵本を読んだり楽しい時間をすごしました。無料ですし子供たちもとても楽しんでいました。小さい子供たちが英語で歌をうたったり絵本の内容を理解するのは難しいですから意味あるの?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、英語圏の人が話す英語を常に耳にするのを心がけるのはいざ英語を話すときに実は大変重要なのです。

2.童話を英語できかせる

今日、仕事に育児に家事にといそがしいママがほとんどの中youtubeって育児の強い味方ですよね。見せすぎはいけませんがちょっと静かにしててほしい!というときに、子供たちがすでに内容をしっている童話を英語でみせるのもひとつの方法です。「子供 童話 英語」などで検索すればたくさんの画像がでてきます。夢中になればこっちのもの、子供は静かになるし英語の勉強も同時進行です。

3.実はこれがベスト! 英語圏から来た子連れママと知り合う

外国に進出している日本の会社や系列の工場が多い地域に住んでいる私の友人が実際していたのは、公園で子供を遊ばせるときによくいる外国人ママに声をかけて子供を定期的に遊ばせるようにしたこと。ちょっと勇気がいりますが、外国人ママたちも自分の子供に現地になじんで楽しく過ごしてほしいと思っているのでたいてい大丈夫です。海外在住経験のある友人はこのようにして数人のママに声をかけ、小さいグループをつくって子供たちに生きた英語に触れさせる環境をつくったのです。
子供の他言語を吸収する能力は大人のものとは比べられません。ものすごいです。一対一や一対大勢で英語を話したりきいたりするのではなく、複数の人が話す環境に子供を置く。何を話しているか理解できないし年齢によっては会話にもならないし一緒に遊ばないし意味あるの?と思う方もいらっしゃるでしょうが前にも述べたように英語圏の人が話す英語を常に耳にしてその発音や言い回しを無意識に覚えていくのがとても重要だし子供たちはそれが本当に得意なのです。
知らない人に声をかけるのはちょっと・・という方は県のホームページなどで国際交流会などがあるところもあります。「地域に在住の外国人 交流 子供」などでもきっとお住まいの地域でなにかしらイベントなどがあると思うのでさがしてみてください。

4.まとめ

子供に小さいころから英語を習わせようと思うときにしないほうがいいこと、それは外国語のアクセントが強すぎる英語をきかせないこと。

ベストは常に英語圏の人が話す英語を聞かせることです。

英語教室にいけば経験をつんだ先生たちがいい教材をつかって子供たちのために楽しいプログラムで英語を教えてくれることでしょう。

教える方法もそれは大切ですが、本当に役に立つ英語を学ぶには生きた英語に触れ続けること、これにつきます。

海外に語学留学すると日本人の生徒たちの筆記テストは満点に近いです。

しかし実際生活していて英語を上手に使えるのは筆記テストが50点以下のヨーロッパの生徒たち。

その原因は発音と言い回しにあったと私は断言します。

現在はずいぶん改良されているのでしょうが、20年以上前は日本語アクセントの強い教師が現地人がめったにつかわないフレーズを学校で教えていました。

そのためいざ外国で自分の学んだ英語を話してみたときものすごい違和感があったのを覚えています。

前にも述べましたが子供たちの言語習得の能力はものすごいです。

大人がその環境を少し整えてあげることでテストのための英語だけでなく、実際使える英語を学べるようにしてあげることができるのです。

関連するまとめ

日本最大のキャンパスを誇る日本大学の附属高校 ~東北・北海道編~

日本大学で一番の大きい大学と言われている日本大学ですが、 実は附属高校の数もそれなりに多く日本各地にあります…

rbkg

絶対覚えられる! 効率的な英単語の覚え方

忍耐力が試されますが、単語は英語の基本です。最後までやり抜きましょう!

flower

普通科だけではない!高校選びの重要性とは

ほとんどの子供が進学する事になる高校。小学校、中学校と公立に通わせていた家庭にとって初めての学校選び。そして…

ハムスター

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング