・石川佳純

アジア選手権で中国トップ3選手に勝ち、すっかり時の人となった平野と韓国オープン・シングルス準決勝で対戦。
1月の全日本選手権決勝で平野に負けているので、雪辱戦にもなりました。
試合は意外にも4-0であっさりと石川が勝利。
まだまだ日本のトップは譲れないという感じでした。
東京五輪の開かれる2019年には26歳を迎え、ベテランの域に入る石川。
平野、伊藤らの猛追は厳しいものになりそうですが、石川が壁となって立ちふさがれば、日本女子卓球のレベルもますます上がります。
そういう意味では、東京五輪での金メダルは石川の踏ん張りにかかっているのかもしれません。

・平野美宇

アジア選手権の女子シングルスでは、準々決勝で世界ランキング1位の丁寧、準決勝で同2位の朱雨玲、決勝で同5位の陳夢を降して優勝し、一躍時の人となった平野。
思えばリオ五輪では代表から外れ、サポートメンバーとして参加した悔しい思い出が。
同い年の伊藤が活躍する姿を横目に、チームを一生懸命サポートしていた健気な平野の姿が印象的でした。
叩かれて強くなる鋼のように、平野も悔しさを乗り越えて一段と強い選手になりました。
中国3選手に勝ったことで、目標が高くなった平野。
まずは、5月末から始まる世界卓球でどのようなプレーを見てくれるのか、非常に楽しみです。

・伊藤美誠

リオ五輪では、最年少ながら日本の銅メダル獲得に大きく貢献した伊藤。
物おじしないプレースタイルに驚いた人は少なくないでしょう。
脚光を浴びたリオとは一転、今は平野が脚光を浴びて、立場が入れ替わりました。
しかし負けん気の強い伊藤のこと、このまま平野の後塵を拝してばかりはいないでしょう。
このあと何年も続くであろう二人のライバル関係。
二人の競い合いが激しくなればなるほど、日本女子卓球のレベルは高くなっていくでしょう。

関連するまとめ

もうすぐ開幕!WBC2017侍ジャパンの中心選手

第一回第二回WBCを劇的な展開の末連覇し、前回は準決勝敗退に終わった野球日本代表。 第四回は3月7日にキュー…

スポーツマン

甲子園に出場したことある男子校!~西日本編~

男女共学が普通になってきましたが、 今でも男女別学で男子校は存在しています。 そこで、今回は西日本で甲子園出…

茶々子

かつてのライバル関係再び 磐田が鹿島に圧勝!

4月22日にカシマスタジアムで行われた鹿島対磐田戦、磐田が3-0で圧勝した試合についてまとめました。

まとめマスター

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング